←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP千葉の古墳成田市の古墳 千葉県の探検古墳一覧

かみふくだいわやこふん
上福田岩屋古墳
【KAMIFUKUDA-IWAYA Mounded Tomb】
探検日(写真撮影日)  平成15年03月22日
データ作成日  平成15年04月24日
最新データ更新日  平成16年10月22日

所在地 千葉県成田市上福田 アクセス Mapion地図
上福田古墳群中の一基。

龍角寺古墳群の岩屋古墳とともに、数少ない方墳例として学術上の価値が高いとされている。

【種類】

方墳

【サイズ】
一辺:32m
高さ:5.8m

【築造年代 】
7世紀後半

↓大きな木の下に石室の入り口が開口している。

【横穴式石室】
切石造り
南に開口する。

石室は羨道に対して直角の長軸線を持つT字型となっている。
良質な石材の少ない房総の独特の石室構造。


【石室のサイズ】
長さ:2m
奥壁幅:2.7m
高さ:2.65m

【出土遺物】
なし?

←貝殻化石を含んだ石材。
あさりかはまぐりのような貝殻の形がはっきりとわかる。


強度的にはどのようなものか疑問が残るが、海に近い房総ならではの石材。

 

 

古墳の森TOP千葉の古墳成田市の古墳 千葉県の探検古墳一覧

 

房総の古墳を歩く(改訂版)
房総の古代・上海上氏族
房総の古代史をさぐる

著者:麻生優 /鈴木道之助
出版社:築地書館
価格:税込 1,890 円

古代の生きた姿を、県内にとどまらず関東及び日本の歴史との関連で解きあかし、最近の発掘のうごきもくわしく述べました。また、ミニガイドや展示施設一らんも付し、ガイドブックにも活用できる、中・高生からのたのしい読物。

【目次】
1 房総の古代史をまなぶ/2 房総のあけぼの―旧石器時代/3 房総の成立と縄文文化/4 農耕文化のめばえ―弥生時代/5 大王の鉄剣をさぐる―古墳時代/6 瓦でさぐる古代寺院のなぞ/7 房総の遺跡―最近のうごきから/付(千葉県のおもな古代史関係展示施設/千葉県のおもな古代史関係研究機関)
房総の古墳を歩く(改訂版)  

芝山町町立芝山古墳・はにわ博物館友の会

芝山町立博物館友の会の会員が、実際に千葉県内の代表的な古
墳を歩き、わかりやすく、歩きやすい古墳歩きのガイドブック。
 平成の市町村大合併に合わせ、案内地図や市町村名を改めた改訂版で、新たに
千葉市南部地区のコースを追加。

 

 

inserted by FC2 system