古墳の森TOP千葉の古墳野田市の古墳 千葉古墳探検の記録

いわなこふん
岩名古墳
【IWANA Burial Mound】
探検日(写真撮影日)   平成29年05月14日
最新データ更新日  平成29年11月21日

別名 岩名の洞窟 所在地 千葉県野田市岩名326-1他 岩名古墳公園
史跡指定 野田市指定文化財(史跡)
1995(平成7)年6月29日指定
アクセス


▲清水公園の西、数百メートル

築造年代 古墳時代後期(6世紀末から7世紀初頭
形状 円墳
直径:約18m 高さ:約1.6m
埋葬施設 横穴式石室
出土遺物 埴輪,土師器,陶器
人骨3・鉄刀1(文化14年(1817年))
周囲 周溝 幅:約1.8m 深さ:約0.6m
調査 平成4年

▲南側、公園入口から

▲西側から

▲横穴式石室

江戸時代、文化14(1817)年
横穴式石室の天井石が発見され、
人骨や鉄刀が出土。

以後、「岩名の洞窟」と呼ばれ、
親しまれていたとのこと
近年になり、盛土の流出や、
天井石の崩落など危険な状態に
なったため、石室を保存処理、
平成15年(2003年)に
公園として整備された

▲テラス部分、南向きに開口する
横穴式石室。
この地方に横穴式石室は珍しい

▲古墳前の説明板
野田市教育委員会による

▲説明板にあった横穴式石室の写真
天井石が崩落した状態

▲説明板にあった
横穴式石室断面模式図
 
【参考文献】
□ふさの国文化財ナビゲーション

□史跡虎塚古墳保存整備報告書 (1981年)
虎塚古墳―関東の彩色壁画古墳 (日本の遺跡)
「考古学」最新講義シリーズ 装飾古墳の世界をさぐる
茨城歴史探訪ウォーキング
茨城の装飾古墳
勝田市史〈別編 1〉虎塚壁画古墳 (1978年)
勝田市史資料絵はがき〈第3集〉―虎塚古墳特集号 (1973年)
関東・甲信越古代遺跡ガイド
 
pr 

 

 

房総の古墳を歩く(改訂版)
房総の古代・上海上氏族
房総の古代史をさぐる

著者:麻生優 /鈴木道之助
出版社:築地書館
価格:税込 1,890 円

古代の生きた姿を、県内にとどまらず関東及び日本の歴史との関連で解きあかし、最近の発掘のうごきもくわしく述べました。また、ミニガイドや展示施設一らんも付し、ガイドブックにも活用できる、中・高生からのたのしい読物。

【目次】
1 房総の古代史をまなぶ/2 房総のあけぼの―旧石器時代/3 房総の成立と縄文文化/4 農耕文化のめばえ―弥生時代/5 大王の鉄剣をさぐる―古墳時代/6 瓦でさぐる古代寺院のなぞ/7 房総の遺跡―最近のうごきから/付(千葉県のおもな古代史関係展示施設/千葉県のおもな古代史関係研究機関)
房総の古墳を歩く(改訂版)  

芝山町町立芝山古墳・はにわ博物館友の会

芝山町立博物館友の会の会員が、実際に千葉県内の代表的な古
墳を歩き、わかりやすく、歩きやすい古墳歩きのガイドブック。
 平成の市町村大合併に合わせ、案内地図や市町村名を改めた改訂版で、新たに
千葉市南部地区のコースを追加。
 

 

 



inserted by FC2 system