←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP福岡の古墳うきは市の古墳 福岡県の探検古墳一覧

とりふねづかこふん
鳥船塚古墳
【TORIFUNE-ZUKA Mounded Tomb】
探検日(写真撮影日) 平成17年08月27日
データ作成日 平成18年09月23日
最新データ更新日 平成18年09月23日
探検日誌・ブログ版

史跡指定 国指定史跡 屋形古墳群 昭和28年3月31日 名称変更・追加指定 昭和61年2月25日
(※)文化庁HP、説明板より指定年月日を転載。うきは市HPによると昭和31年3月9日となっている。
所在地 福岡県うきは市吉井町大字富永2316-18アクセス Yahoo!地図
屋形古墳群中の一基。

【種類】
円墳(推定)
墳丘は消失していた。

【サイズ】
不明

【築造年代】
6世紀後半

 

↑説明板。

←保存施設で保護されている。見学はできない。

 

【埋葬施設】
・横穴式石室

単室構造(玄室と羨道部からなる)
西向きに開口する

全長:7m


奥壁の腰石2段が残るだけで石室は破壊されている。


←石室の保護施設(写真右上) の西側に長く続く石組み。

特に説明はなかったが、羨道か?

前室がなく、石室から羨道に続く構造になっているはずなので、これが羨道である可能性は大と思われ。

←この先にも石組みは続く。
石室を合わせればちょうど7mくらいになるかも。
【壁画】

2段目に大きな盾
1段目に同心円文と船、2個の靫

船は人物が乗った大型の船で、帆を張る柱は2ヶ所、大きな櫂もある。船の舳先と艫には鳥が各1羽止まっている。

↑壁画説明図
←石室は公開されていないので、珍敷塚古墳内に展示されていた写真から。

古墳の森TOP福岡の古墳うきは市の古墳 福岡県の探検古墳一覧

 

東アジアの装飾古墳を語る

出版社:雄山閣
発売日:2004/02/01
サイズ/ページ:26cm/
定価:2,310 円(税込)

キトラ・高松塚古墳の壁画の世界(高松塚古墳の壁画
高句麗の古墳壁画との関連 ほか)
北部九州の装飾古墳とその展開(装飾古墳のはじまり
形象図文の登場 ほか)
高句麗古墳壁画と古代日本(高句麗壁画古墳の類型化
高句麗壁画に写る日本の古代 ほか)
古代東国の壁画古墳とその問題点(東国壁画古墳の分布
虎塚古墳の壁画 ほか)
パネルディスカッション「古墳壁画の出現とその展開」(壁画古墳の系譜
四神について ほか)  

装飾古墳が語るもの―古代日本人の心象風景

古代日本人の心象風景

著者:国立歴史民俗博物館
出版社:吉川弘文館
サイズ:単行本/201p
発行年月:1995年07月
税込 3,150 円

日本美術の原点「装飾古墳」。いまだ謎のベールに包まれた仏教伝来以前の、日本人の心や美意識、死後の世界観に、考古・歴史・美術などの第一人者が様々な角度から光をあてる。

【目次】
カラー図版(復元された装飾古墳/辟邪の図文を彫刻した石棺/辟邪の図文を彫刻した石障をもつ古墳/彩色壁画をもつ装飾古墳の出現/古墳壁画の語るもの ほか)/基調報告 装飾古墳を考える/シンポジウム 装飾古墳が語るもの   

九州古墳時代の研究

著者:宇野愼敏
出版社:学生社
サイズ:単行本/342p
発行年月:2003年10月
税込 9,240 円

古墳の発生から終末期まで九州古墳時代の全貌に迫る。

【目次】
第1章 発生期・前期古墳時代の研究(石棺から石室へ―北部九州における古墳発生の推移と画期/豊前北部・筑豊地域の墳墓について―古墳発生期前後の社会像 ほか)/第2章 中期古墳時代の研究(北九州市内出土の古式須恵器/五〜六世紀の豊前北部と筑豊 ほか)/第3章 後期古墳時代の研究(北九州市・曽根平野の古墳(前方後円墳を中心に/後期小古墳群の動向とその背景)/曽根平野における古墳時代後期の土師器について(甕小考/ムラの交流) ほか)/第4章 古墳時代終末期の研究(北部九州の終末期古墳/勝円式土器小考―周防灘式製塩土器について)
九州考古学散歩

著者:小田富士雄
出版社:学生社
サイズ:単行本/324p
発行年月:2000年06月
税込 2,310 円

倭人伝の舞台!九州の遺跡・古墳を歩く。邪馬台国は九州にあったか?倭人伝の国々の遺跡から隼人の装飾古墳まで対馬・壱岐・九州各地の遺跡・古墳をめぐる詳しいガイドブック。

【目次】
「奴国」を求めて/太宰府周辺をまわる/「伊都国」を歩く/ムナカタ族の本拠地を訪ねて/遠賀川流域の遺跡をめぐる/朝倉宮の謎を求めて/耳納山麓と筑後川中流の遺跡をさぐる/磐井の里を歩く/「豊の国」の遺跡をめぐる/宇佐神宮から「風土記の丘」へ〔ほか〕
inserted by FC2 system