古墳の森TOP群馬県の古墳藤岡市の古墳藤岡市の古墳地図 PR


        ななこしやまこふん(みどりむら1ごうこふん) / しらいしこふんぐん
国指定史跡 七輿山古墳(美土里村1号古墳) / 白石古墳群

 

※写真は全てクリックで拡大します※


白石古墳群中の一基

白石古墳群を構成する4つの支群のうちの一つ、9基から成る七輿山古墳群(支群)に分類される。

白石古墳群の中でも最大規模で、稲荷山支群の稲荷山古墳(国指定史跡)と共に群を抜いており、東日本でも最大級である。

藤岡市HPによると、墳丘は145mとなっているが、2018年の調査により150m超であることが判明している。

七輿山支群には他に2基の前方後円墳が存在するが、規模の縮小化されたものである。

この七輿山古墳から、白石稲荷山古墳を結び、皇子塚古墳平井地区1号墳などを含む地域一帯が毛野国白石丘陵公園として整備を進めている。


東日本最大の横穴式石室

これまで、埋葬施設の発掘調査は行われてこなかったが、2018年、県立歴史博物館と早大との合同学術調査で地中レーダー探査が行われた結果、後円部の南に大規模な横穴式石室の存在が確認された。

日本最大の奈良の見瀬丸山古墳の28.4mには及ばないものの、20m程度は想定されるといい、
東日本では最大規模、日本全体でも5本指には入る可能性が高い。


緑野屯倉を支配した豪族の墳墓?

藤岡市域は『日本書記』によれば安閑天皇二年(535年)に設置された緑野屯倉(みどののみやけ)に推定される地域であり、この七輿山古墳も緑野屯倉を支配した豪族のものと考えられる。
 

七輿山の名の由来

奈良時代に新設された多胡郡を賜ったという羊太夫の伝説から。
朝廷から謀反を疑われ、討伐された 時、羊太夫の7人の姫君(または女房)を7つの金の輿に乗せて逃がしたが、逃げきれずここで自害し、家来が輿と共に葬って厚く供養したため、「七輿山」と呼ばれるようになったとのことである。

しかし、多胡郡の建郡を記念して建てられた「多胡碑」によると、羊太夫と思われる「羊」なる人物が多胡郡を与えられたのは和銅4年(711年)であり、古墳の築造年代の推定は6世紀代で、隔たりがある。

 



▲北側駐車場から

左(東)が後円部、右(西)が前方部
 

▲七輿山古墳墳丘測量図

後円部幅よりも、前方部幅の方が著しく広く、
これほど後円部に対し、前方部が発達しているのは
珍しく、八幡観音塚古墳以外には例がない

後円部、前方部それぞれの墳頂は改変されているようで、
後円部には江戸時代に五百羅漢像が祀られるなど、
信仰の対象となり、大事に守られてきたようである
 

▲2002年の第一回訪問時

墳丘上には大量の埴輪片が
散乱していた
 

▲七輿ドライブインの自販機

七輿山古墳駐車場のすぐ東に
所在し、古い自販機として有名
 
別名 美土里村1号古墳 上毛古墳綜覧〈1938〉 所在地 群馬県藤岡市上落合字七輿823、827〜831
史跡指定 国指定史跡
1927年(昭和2年)6月14日指定
1996年(平成8年)9月26日追加指定
アクセス
駐車場

藤岡市の古墳地図
築造年代 6 世紀前半
形状 前方後円墳(3段築成)
全長:145m
後円部径:87m 後円部高さ:16m
前方部幅:106m 前方部高さ:16m
埋葬施設 横穴式石室
出土遺物 周堀:埴輪(円筒、人物、馬、器財)、土師器、須恵器
周辺施設 墳丘・内堀・中堤帯・外堀・外堤帯・埴輪列・三重目の溝(前方部全面にコの字状に巡る)
調査 (発掘)昭和47.3.17〜昭和47.3.31、平成元.1.17〜平成元.3.23、平成2.1.22〜平成2.3.31、平成3.1.22〜平成3.3.13(測量)昭和8.10
2018年 レーダー探査
文献 『白石稲荷山古墳-範囲確認調査報告書T・U-』 1986・1987 藤岡市教育委員会、
『藤岡市史 資料編 原始・古代・中世』 1993 藤岡市
 

第一回探検日(写真撮影日)  2002年04月28日
第二回探検日(写真撮影日)  2018年10月08日
最新データ更新日  2019年07月30日

【参考文献】
□「群馬県古墳総覧〈2017〉本文・一覧表編/古墳分布図編」群馬県教育委員会事務局文化財保護課
□「東国文化副読本 - 〜古代ぐんまを探検しよう〜」 群馬県文化振興課
□「古墳めぐりハンドブック」群馬県立博物館
□内堀遺跡群 仮称大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群II 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群X 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1998)
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
群馬の遺跡〈4〉古墳時代1―古墳
東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」119)
古代上毛野をめぐる人びと
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
古代東国の王者―上毛野氏の研究

 



inserted by FC2 system