古墳の森TOP群馬県の古墳吾妻郡東吾妻町の古墳吾妻郡東吾妻町の古墳地図        群馬県の探検古墳一覧


            しどいちごうこふん / しどのこふんぐん
東吾妻町指定史跡 四戸I号古墳 / 四戸の古墳群 
 

※写真は全てクリックで拡大します※


四戸の古墳群中の1基

吾妻川と温川の合流点の西側台地上、岩島四戸地区にある墳丘8〜14m規模の円墳で構成される群集墳 。

『上毛古墳綜覧』(1938 (昭和13)年)には20数基の記載があったがほとんどが消滅したらしく、現存する4基(I号IV号)が東吾妻町の史跡に一括指定された 。

東吾妻町では史跡指定された唯一の古墳群である。

四戸の古墳群中、このI号古墳のみ、屋根で覆われ、解説板と碑が置かれている 。

他の3古墳りも扱いが良いようにも見えるが、石室の壁に赤色顔料が塗彩されていたとのことなので、 覆い屋はそれを保護するためと思われる。

石室より上の盛り土と天井石はかなりの部分が失われている。


 


▲南側道路から

III号古墳から南に入り細い道を
左に行くと解説板と標柱がある
 


▲南側道路から

南側の道路より少し高い位置に
覆屋で保存されている

▲南側から石室

東南向きに開口部がある
かなり細長い袖無型の石室
川原石の乱石積

▲玄室部分

天井石は失われている
後世の人が古墳と分からずに
石を移動させてしまったらしい


▲I号古墳前の解説板


▲奥壁

細長い石を横に積んでいる
 


▲玄室側から、まぐさ石か?

天井石は失われているが、石室の上をを横切るようにしてこの一石のみ残存している

まぐさ石高が0.75mとなっているが、石室の下部が土砂で埋まっているとしてもかなり低い位置

幅も狭く、袖もないので横穴で埋葬するのは大変そう

明らかな横穴式石室のII号III号とは異なる趣で、IV号古墳と同様、竪穴式石室のようにも見える
 


▲羨道部分
上部がかなり失われている

▲石室の壁には赤色顔料?

奥壁に、若干、赤くみえる部分が
あるが、これが塗料の名残か?

▲石室野すぐ脇に小さな石祠?

石室の石材の上に乗っているよう
 

 
 
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町大字三島字四戸77(旧吾妻町) アクセス
駐車場

前の道は狭いので、車の場合は厳しい。
III号古墳脇に車を停めて、歩いて見学すると良い
史跡指定 東吾妻町指定史跡 『四戸の古墳群』
1976年(昭和51年)3月30日指定
別名 岩島村19号古墳(上毛古墳綜覧〈1938〉)
築造年代 6世紀前半
形状 円墳 直径:約10.4m
埋葬施設 横穴式石室(袖無型) 全長:約6m
埋葬部長:約2.45m、埋葬部幅:0.76〜0.99m
まぐさ石高:0.75m
出土遺物 墳丘:埴輪(埴輪片)、須恵器、石製模造品
埋葬施設:土師器、須恵器、武器、刀子、玉、石製模造品、ガラス玉、前庭:土師器、須恵器
発掘調査 1964年(昭和39年)7月26日〜年8月4日
群馬大学史学研究室
文献 『岩島村誌』 1971 岩島村誌編集委員会
『群馬県史 資料編3』 1981 群馬県
上毛古墳綜覧〈1938〉 群馬県古墳総覧〈2017〉
 

探検日(写真撮影日)  2018年10月30日
データ作成日  2018年11月07日
最新データ更新日  2018年11月12日

【参考文献】
□「群馬県古墳総覧〈2017〉本文・一覧表編/古墳分布図編」群馬県教育委員会事務局文化財保護課
□「東国文化副読本 - 〜古代ぐんまを探検しよう〜」 群馬県文化振興課
□「古墳めぐりハンドブック」群馬県立博物館
□内堀遺跡群 仮称大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群II 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群X 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1998)
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
群馬の遺跡〈4〉古墳時代1―古墳
東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」119)
古代上毛野をめぐる人びと
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
古代東国の王者―上毛野氏の研究
PR

 



inserted by FC2 system