←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP群馬の古墳前橋市の古墳 群馬県の探検古墳一覧

おおむろこふんぐん / おおむろこうえん
大室古墳群 / 大室公園
【OMURO Mounded Tombs / OMURO Park】

探検日(写真撮影日)  平成14年00月00日
第二回探検日(写真撮影日)  平成28年03月03日
データ作成日  平成15年12月10日

最新データ更新日  平成29年02月28日


所在地 群馬県前橋市西大室 アクセス Mapion地図
形状 前方後円墳4基、小円墳2基 築造年代 6世紀初頭から6世紀後半
発掘調査  

 この古墳群の中核を成す前二子古墳中二子古墳後二子古墳の3基の大方前方後円墳は6世紀初頭から後半にかけて相次いで築造された 。
 この赤城山南麓にはこの古墳を取り巻くように1000基以上の古墳が存在したと言われているが、この3古墳に匹敵するほど大規模で、しかも隣接して3基並んでいるのは、群馬県でも他に例が ない。
 「大室公園」として、現在、大規模に復元整備されている。

【被葬者】
 この古墳群は上毛野氏の墳墓ではないかと言われていいる。
 毛野氏とは東国を治めた第10代崇神天皇の長子・豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)の子孫で、後に上毛野氏、下毛野氏に分かれた。
 ちなみに総社古墳群【群馬県前橋市】もまた一族の墳墓で、勢力があちらに移っていったのでないかとも言われている。

【被葬者達の館?】
 また、この古墳公園の東側には同時代の豪族の館跡が発見されている。「梅木遺跡」と呼ばれているが、この古墳の主達の館だったのかもしれない。

   
     
▲@前二子古墳 ▲A中二子古墳 ▲B後二子古墳
     
▲C小二子古墳

 

▲D内堀1

 

▲E内堀4
   
▲F古代住居 ▲梅木遺跡 ▲説明版
   
▲史跡案内図    
【参考文献】
報告書:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第5集1985(昭和60)年
新版山梨の遺跡 (山日カラーブックス) 山梨県考古学協会
やまなし遺跡探検 山梨県考古学協会

 


PR

 山梨県考古学協会創立30周年記念出版 石器時代から近代まで、整備・復元された遺跡を中心に、約70例を写真入りの文章でわかりやすく解説。県内遺跡入門の決定版。 

山梨県内の主要な遺跡と、出土遺物などをカラー写真で紹介・解説した考古学ファン必携の一冊。


 

 

 

 

 

inserted by FC2 system