古墳の森TOP群馬県の古墳沼田市の古墳


        ならこふんぐん /ぐんまけんぬまたし
群馬県指定史跡
奈良古墳群 / 群馬県沼田市
 

※写真は全てクリックで拡大します※


旧池田村の古墳

1935年(昭和10年)の群馬県下の古墳の一斉調査では、 池田村で47基の古墳が確認されている(池田村1号〜47号古墳)。

古くから「奈良の百塚」と言われた奈良古墳群や秋塚古墳群が所在し、古墳時代後期の群衆墳が密集している地域である。

その後の調査などで、奈良古墳群に41基、秋塚古墳群に7基が追加され、「群馬県古墳総覧〈2017〉」には95基の記載がある。
 

奈良古墳群

古墳時代後期の群集墳。

そのうち、ほとんどが消滅し、現在は奈良古墳群1号〜11号、16号、無名古墳の計13基が保存整備されている。

現在は公有地化されているが、以前は耕作地だったため、墳丘が削られ、石室が露出しているものが多い。

1980年(昭和55年)、奈良古墳群1号〜11号、16号の12基が、沼田市の史跡に指定された。

その後、2020年(令和2年)には、群馬県の史跡にも指定された。
 

調査歴

1935年(昭和10年)、36基が調査され、「上毛古墳綜覧〈1938〉」には池田村大字奈良に池田村6号から41号墳までが記載された。

1955年(昭和30年) 、群馬大学により、上記のうち17基と、その他古墳と思われるものが計59基が調査された。

その後、1992年(平成4年)、1999年(平成11年)、2005年(平成17年)などに、調査が繰り返し行われ、「群馬県古墳総覧〈2017〉」には、総数77基の記載がある。
 



入口にある現地説明看板より古墳分布図
 

群馬県古墳総覧〈2017〉古墳分布図編より
赤は実際に確認した古墳(無名は独自に追加)
 

群馬県古墳総覧〈2017〉
古墳分布図編より
 

現地説明看板


南西・古墳群駐車場から
左から2号3号4号
 


北側から
4号3号5号2号


北西から
3号2号5号


1号古墳
石室が開口している


2号古墳
石室が開口している


3号古墳
石室が開口している
 


4号古墳
石室が露出している
 


5号古墳
墳頂に石材が露出している


6号古墳
墳頂に石材が露出している


7号古墳
石室が開口している
 


8号古墳
石材が露出している


9号古墳
石室が開口している


10号古墳
石室が開口している
県内でも稀な側室あり


11号古墳
石室が露出している


16号古墳
石材らしきものが露出している
1号古墳2号古墳の間
 


無名(タ号?)古墳
現地説明看板にある無名古墳
下の古墳分布図42番付近にある
 


無名古墳
現地説明看板にある無名古墳?
下の古墳分布図30番の数字の上


東国文化副読本」より古墳群全景


消滅した古墳の跡?
 


消滅した古墳の跡?
 
奈良古墳群一覧表 (群馬県古墳総覧 2017年版より)
番号 名称 指定 現状 墳形 規模 埋葬施設 出土遺物 綜覧
古墳番号
備考
1 1号古墳 直径12.5m×14.0m 両袖型
横穴式石室
墳丘:須恵器、埋葬施設:須恵器、人骨片 池田村16号 群大11号
2 2号古墳 直径13.0m×11.5m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器、墳丘:須恵器、埋葬施設:須恵器 池田村15号 群大9号
3 3号古墳 直径14.0m×15.0m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器 池田村13号 群大8号
4 4号古墳 直径10.5m×12.5m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器 池田村12号 群大7号
5 5号古墳 直径10.0m×12.5m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器 池田村14号 群大10号
6 6号古墳 直径10.0〜11.0m×13.0〜13.5m 横穴式石室 周堀:須恵器 池田村11号 群大6号
7 7号古墳 直径約14.6m 両袖型
横穴式石室
墳丘:須恵器 池田村10号 群大4号
8 8号古墳 - 横穴式石室 - 池田村9号 群大5号墳
9 9号古墳 - 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器 池田村8号 群大3号
10 10号古墳 直径11.0m×12.0m 袖無型
}横穴式石室
- 池田村6号 群大1号
11 11号古墳 直径約12m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器 池田村7号 群大2号
12 12号古墳 - × 直径8.8m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器、埋葬施設:刀、武器、刀子、骨粉、前庭:須恵器 - 群大レ号
13 13号古墳 - × 直径9.5m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器、埋葬施設:馬具、武器、刀子、前庭:須恵器 池田村31号 群大ツ号
14 14号古墳 - × 直径8.5m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器、埋葬施設:釘、武器、刀子、骨粉 - 群大ク号
15 15号古墳 - - 横穴式石室 - - 群大ケ号
16 16号古墳 不明 - 不明(未調査) - - 群大ハ号
17 17号古墳 - × 直径7.9m 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:刀、馬具、武器、刀子、前庭:須恵器 池田村26号 群大テ号
18 18号古墳 - × 不明 - 横穴式石室 埋葬施設:刀、武器、刀子 - 群大ヰ号
19 19号古墳 - × 不明 - 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:刀、武器、刀子、前庭:須恵器 - 群大ノ号
20 20号古墳 - × 直径11m 両袖型
横穴式石室
周堀:須恵器、埋葬施設:馬具、武器、刀子、玉、ガラス玉、前庭:須恵器 池田村21号 群大ヤ号
21 21号古墳 - × 直径7.6m 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:刀、武器、刀子、前庭:須恵器 - 群大ナ号
22 22号古墳 - × 不明 - 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:武器、刀子、ガラス玉、前庭:土師器、須恵器 池田村33号 群大メ号
23 L古墳 - 不明 - 横穴式石室 墳丘:須恵器 - 群大ロ号
24 M古墳 - 不明 - 横穴式石室 - - -
25 N古墳 - 不明 - 横穴式石室 周堀:須恵器 - -
26 H古墳 - 直径約9m 袖無型
横穴式石室
周堀:須恵器、埋葬施設:刀、武器、玉、ガラス玉、人骨 - 群大イ号
27 カ号古墳 - - 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:馬具、武器 - 群大カ号
28 ヲ号古墳 - × - 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:須恵器、刀、馬具、武器、刀子、耳環 池田村37号 群大ヲ号
29 ソ号古墳 - × - 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:馬具、武器、刀子、銅製?帯金具 池田村32号 群大ソ号
30 ワ号古墳 - × - 両袖型
横穴式石室
埋葬施設:刀、玉 - 群大ワ号
31 ホ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ホ号
32 ヘ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ヘ号
33 ニ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ニ号
34 ユ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ユ号
35 ト号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ト号
36 リ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大リ号墳
37 ル号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ル号墳
38 サ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大サ号
39 チ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大チ号
40 ヌ号古墳 - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ヌ号
41 ヨ号古墳 - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ヨ号
42 タ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大タ号
43 キ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大キ号
44 ネ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ネ号
45 ラ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ラ号
46 ウ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ウ号
47 ム号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ム号
48 フ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大フ号
49 オ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大オ号
50 ア号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大ア号
51 マ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大マ号
52 エ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大エ号
53 コ号古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - 群大コ号
54 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
55 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
56 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
57 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
58 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
59 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
60 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
61 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
62 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
63 無名古墳 - - 不明 - 不明(未調査) - - -
別名 奈良の百塚
沼田市N0213  奈良古墳群
所在地 群馬県沼田市奈良町333他
(旧利根郡池田村大字奈良)  管理者:沼田市
史跡指定 沼田市指定史跡
 1980年(昭和55年)8月30日指定
群馬県指定史跡
 2020年(令和2年)2月21日指定
 

アクセス
駐車場


通常見学可。駐車スペースあり
築造年代 古墳時代後期(7世紀)
形状 径20メートル以下の小円墳群 現存10数基
上毛古墳綜覧〈1938〉 36基
群馬県古墳総覧〈2017〉 77基
埋葬施設 横穴式石室
10号古墳には稀な側室あり
出土遺物 武器・馬具・装身具等の副葬品が多数
「奈良古墳群出土品」 所有:個人
沼田市指定重要文化財(考古資料)
1977年(昭和52年)5月30日指定
調査暦 1935年(昭和10年)
1955年(昭和30年)群馬大学
1999年(平成11年)沼田市教員委員会
他 詳細は下記一覧表か、個々のページへ
 

探検日(写真撮影日)  2018年8月22日  
データ作成日  2018年9月7日
最新データ更新日  2018年9月8日
 

【参考文献】【参考文献】
□「群馬県古墳総覧〈2017〉本文・一覧表編/古墳分布図編」群馬県教育委員会事務局文化財保護課
□「東国文化副読本 - 〜古代ぐんまを探検しよう〜」 群馬県文化振興課
□「古墳めぐりハンドブック」群馬県立博物館
□内堀遺跡群 仮称大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群II 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群X 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1998)
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
群馬の遺跡〈4〉古墳時代1―古墳
東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」119)
古代上毛野をめぐる人びと
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
古代東国の王者―上毛野氏の研究



【PR】 

 


PR

上州路散歩24コース

著者:群馬県歴史教育者協議会
出版社:山川出版社(千代田区)
サイズ:新書/220p
発行年月:2004年01月
税込 1,470 円

上州路の散歩コースと散歩事典。東国一の古墳文化上毛野、江戸北辺の守り上州、近代化遺産の宝庫群馬、常に時代の先端であった上州の地を訪ねる。
【目次】
第1部 上州路散歩24コース(相沢忠洋ゆかりの地を訪ねる/古墳時代上毛野の豪族をしのぶ/赤城山南麓の古墳群を巡る/上野国府・国分寺周辺を歩く/上野三碑ゆかりの地をたどる/中世新田荘を歩く/上野の名城箕輪城周辺を歩く/白井城と白井宿を歩く/東毛の山城に戦国をしのぶ/上州真田氏ゆかりの地を巡る ほか)/第2部 上州路散歩事典
東国古墳時代の研究

著者:右島和夫
出版社:学生社
サイズ:単行本/394p
発行年月:1994年05月
税込 7,646 円

【目次】
第1章 保渡田古墳群の研究/第2章 上野における群集墳の成立/第3章 上野の初期横穴式石室の研究/第4章 上野における横穴式石室の変遷/第5章 角閃石安山岩削石積石室の成立とその背景/第6章 総社古墳群の研究/第7章 截石切組積石室の研究/第8章 古墳からみた5、6世紀の上野地域/第9章 古墳からみた6、7世紀の上野地域
群馬の遺跡(4)

著者:群馬県埋蔵文化財調査事業団
出版社:上毛新聞社
サイズ:単行本/177p
発行年月:2004年11月
税込 1,300 円

【目次】
第1章 古墳時代の群馬は元気だった―群馬古墳学入門/第2章 豪族居館の発見/第3章 埴輪と古墳と古墳時代/第4章 巨石横穴式石室と豪華な副葬品―綿貫観音山古墳とその被葬者/第5章 多田山の唐三彩が語る歴史/第6章 群馬における古墳研究の歩み―『発墳暦』から観音山古墳・三ツ寺1遺跡まで/学習へのいざない
群馬の遺跡(5)

出版社:上毛新聞社
発売日:2005/01/01
サイズ/ページ:21cm/
定価:1,301 円

目次:
第1章 こうして古墳時代は始まった
第2章 黒井峯遺跡の発見
第3章 水田と畠
第4章 炉からカマドへ、農民たちの生活
第5章 群馬県の古墳時代集落研究のあゆみ―入野遺跡から黒井峯遺跡まで
学習へのいざない
 

 

 

inserted by FC2 system