古墳の森TOP 群馬県の古墳 高崎市(旧吉井町)の古墳 高崎市の古墳地図

▲高崎市指定史跡
たごこふんぐん てらのうえしぐん
多胡古墳群 寺ノ上支群  T227号墳


【目次】
旧多胡町の古墳
多胡古墳群
多胡古墳群 寺ノ上支群 市史跡
多胡古墳群 T227号墳
古墳の詳細データ

【別ページ】
多胡古墳群 寺ノ上支群 市史跡
多胡古墳群一覧表
 


※写真は全てクリックで拡大※


▲石室材らしき石

奥壁か側壁の一部の石材が
残存しているのか?


▲上から


 
▲西側の丘陵への入口からT277号墳付近。
墳丘らしきものはないが、
地面から石が突き出している

右側に一部見えてるのは、T221号墳


▲寺ノ上支群近辺の遺跡地図
(吉井町遺跡地図より抜粋)

T227を西から入る道路が横切っている。

写真の石が原位置にあるとすると、
T277として矛盾はない。

 


旧多胡村の古墳

1935年(昭和10年)の群馬県下の古墳の一斉調査では、 旧多胡村(→吉井町→現高崎市)で187基の古墳が確認されている。「上毛古墳綜覧 〈1938〉」)

戻る


多胡古墳群 

多胡古墳群は吉井町大字神保字志免木・東志免木・北志免木・寺上・大字多胡字〆木・松原・桜塚の広範囲に分布する古墳時代後期〜終末期にかけての群集墳。

鏑川が形成した河岸段丘のうち上位段丘に位置し、鏑川へ流れる大沢川の右岸に直径10〜20m程度の円墳を中心としている。

周辺の台地には古代矢田郷に比定される矢田遺跡があり、後の古代多胡郡の基盤になる手工業生産を担った集団が存在し、多胡古墳群はこの集団の墓域と推測されている。

1935年(昭和10年)の群馬県下の古墳の一斉調査では、91基確認されているが、登録漏れの古墳も多いため100基以上の古墳が群集していたと考えられている。

大沢川を挟んだ対岸(左岸)には神保古墳群が広がっている。

戻る


多胡古墳群 寺ノ上支群 市史跡

多胡古墳群の中でも寺ノ上地区には広範囲に密集した多数の古墳が保存状態良く残存しており、築造された当時の景観を良好に保っていることから、学術的価値の高い遺跡。

令和5年(2023年)には、27基が高崎市の史跡に指定され、遺跡公園化されている。

群馬県古墳総覧〈2017〉」には所在地が字寺ノ上の古墳は26基であり、市史跡27基の中に含まれる範囲は定かではない。 字でいえば別になるが、同一ブロックに所在する多胡〆木の古墳も含まれる可能性もある。

個別の名称はTから始まる番号「T○」で記載されており、対応する「上毛古墳綜覧〈1938〉」番号の記載がない。(Tは多胡古墳群の略?)

しかし、「群馬県遺跡台帳II(西毛編)」に「神保古墳群(寺の上支群)」(神保寺の上1299の1)の記載があり、所在地が一部と一致しており、名称は「神保」となっているものの、同一のものと思われる。

また、「上毛古墳綜覧によれば、24基よりなる古墳群で、現在は10数基が残存している」とある。

「上毛古墳綜覧〈1938〉」には、多胡村字神保寺ノ上1299-1番の古墳24基の記載があり、多胡村41号墳〜54号墳、59号墳〜63号墳、64号墳〜66号墳、73号墳〜75号墳 と採番されているので、これのことと思われる。

群馬県古墳総覧〈2017〉」に、T○号墳に対応する「上毛古墳綜覧番号 」多胡村○号墳の記載がないのは、密集する小規模の古墳が、全て同一の地番で記載されており、個々に同定できなかったためと思われる。

多胡古墳群
多胡古墳群一覧表

戻る


多胡古墳群 T227号墳

多胡古墳群の寺ノ上支群中の一基。

1935年(昭和10年)の群馬県下の古墳の一斉調査では登録されていた可能性はあるが、上記の通り、多胡村○号墳とは特定できない。 「上毛古墳綜覧〈1938〉」

「吉井町遺跡地図<1995>」群馬県古墳総覧〈2017〉」には記載されており、マッピングぐんまには記載がないが、市町村番号03176に該当するか?

古墳群内の別の古墳は全てマウンドサイズの記載があるのに、T277号墳にはサイズ記載がないことから、既に墳丘はないと思われ、備考に は「石材散在」とある。

写真は、「吉井町遺跡地図<1995>」の推定T277号墳付近にあった石材と思われる石。

1935年(昭和10年)の群馬県下の古墳の一斉調査に、既に墳丘がなかったとしたら、多胡村○号墳として登録されていなかったかもしれない。

戻る
 

古墳の詳細データ
文化財指定 高崎市指定史跡 令和5年(2023年)8月1日指定
「多胡古墳群 寺ノ上支群」
所在地 群馬県高崎市吉井町神保寺ノ上1299-1
Googleマップ
名称 多胡村41号墳〜54号墳、59号墳〜63号墳、64号墳〜66号墳、73号墳〜75号墳 のいずれか?「上毛古墳綜覧〈1938〉」
市町村番号 03176?
形状 27基
築造年代 5世紀後半〜7世紀後半
埋葬施設 横穴式石室
出土品 埴輪他
周辺施設  
調査歴  
文献 ・「吉井町遺跡地図 <1995>」 吉井町教育委員会
・「吉井町の文化財ガイドブック <2002>」 吉井町郷土資料館
・「上毛古墳綜覧〈1938〉」 古墳調査台帳(第20巻・多野郡多胡村)
群馬県古墳総覧〈2017〉」 群馬県教育委員会
・「群馬県遺跡台帳II(西毛編)<1974>」 群馬県文化財保護協会
更新履歴 探検日(写真撮影日) 2003年(平成15年)12月20日
第二回探検日(写真撮影日) 2024年(令和6年)03月29日
最新データ更新日  2024年06月11日

 

 

inserted by FC2 system