古墳の森TOP群馬県の古墳北群馬郡吉岡町の古墳北群馬郡吉岡町の古墳地図       群馬県の探検古墳一覧

         
         みなみしもびぃごうこふん / みなみしもこふんぐん
吉岡町指定史跡 南下B号古墳 / 南下古墳群
 

※写真は全てクリックで拡大します※


南下古墳群中の一基

南下古墳群は6世紀半ば〜7世紀末の間に築造され、時期により石室構造や構築技術などに差異がある 。

現存している9基のうち、南下古墳公園に整備されている6基の中の一基で、最も東に位置している。
 

自然石の乱石積の石室

石室構造や石材の加工技術から見事な截石切組積の手法を用いたA号古墳E号古墳より先行すると考えられている

玄室の壁面に一部削石を用いた切組の手法を取り入れたりした部分が見られる

壁体の石材は腰の高さまで垂直に積まれ、その上は大きく内側に転び天井の幅を著しく狭めている

壁面は歪や食い違いのため整正さに欠け、やや不安定な感じをうける。

石材どうしの隙間には漆喰を塗込めていたらしい痕跡が残っている



▲南下B号古墳石室実測図

奥壁の石組みを見ると、
歪んでいる様子が分かる
 


▲石室前の開設版
吉岡町教育委員会による
 



▲西側から

A号古墳と同様、山寄せ形式
左側(北側)が高くなっている

右側(南側)、石室入口があり、
説明看板と碑が立っている。
 
墳丘は未調査のため明確で
ないが、石室前の町道南まで
及んでいる可能性があるとのこと
 


▲羨道から玄門

石室の大部分が自然石の乱石
積みだが、この玄門部は見事に
加工されており、重量感がある

羨道部分は玄室に比べて
天井がかなり低い(半分以下)
 



▲横穴式石室の入口
南向きに開口する


▲羨道の側壁と玄門

自然石を乱石積みした羨道部分と
加工された玄門が対照的


▲玄室奥壁から玄門

玄門上部には冠石を受けるための
切り込みがつけられている
 


↓Googleストリートビューで、石室内部が見られます↓ 
 
別名 明治村50号古墳(上毛古墳綜覧〈1938〉) 所在地 群馬県北群馬郡吉岡町大字南下字大林1326-2
史跡指定 吉岡町指定史跡 「南下B号古墳」
1993年(平成5年)12月1日
吉岡町指定史跡 「南下古墳群6基(A〜F号古墳)」
2010年(平成22年)3月24日
アクセス
駐車場

南下古墳公園内に整備されている
駐車場有
築造年代 7世紀中頃
形状 円墳(二段構築、山寄せ形式)
径:30m 高さ:約6m
埋葬施設 横穴式石室(両袖型)
羨道長:3.74m 羨道幅:1.40m 羨道高:1.20m
玄室長:3.45m 玄室幅:2.5m 玄室高:3m
出土遺物 古い開口のため所在は不明
周辺施設 不明
発掘調査 (発掘)昭和35.6.5〜昭和35.6.8
文献 『北群馬・渋川の歴史』 1971 北群馬渋川の歴史編纂委員会、『七日市遺跡・滝沢古墳・女塚遺跡』 1986 吉岡村教育委員会 日本古墳大辞典 上毛古墳綜覧〈1938〉、群馬県古墳総覧〈2017〉  

探検日(写真撮影日)  2003年07月13日
第二階探検日(写真撮影日)  2018年10月30日
データ作成日  2018年11月18日

最新データ更新日
  2018年11月22日

旧写真 2003年07月13日撮影


▲以前の南下古墳群のパンフ
【参考文献】
□「群馬県古墳総覧〈2017〉本文・一覧表編/古墳分布図編」群馬県教育委員会事務局文化財保護課
□「東国文化副読本 - 〜古代ぐんまを探検しよう〜」 群馬県文化振興課
□「古墳めぐりハンドブック」群馬県立博物館
□内堀遺跡群 仮称大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群II 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群X 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1998)
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
群馬の遺跡〈4〉古墳時代1―古墳
東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」119)
古代上毛野をめぐる人びと
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
古代東国の王者―上毛野氏の研究
PR

 



inserted by FC2 system