古墳の森TOP群馬県の古墳北群馬郡吉岡町の古墳北群馬郡吉岡町の古墳地図       群馬県の探検古墳一覧

         
        みなみしもいーごうこふん / みなみしもこふんぐん
吉岡町指定史跡 南下E号古墳 / 南下古墳群
 

※写真は全てクリックで拡大します※


南下古墳群中の一基

南下古墳群は6世紀半ば〜7世紀末の間に築造され、時期により石室構造や構築技術などに差異がある 。

現存している9基のうち、南下古墳公園に整備されている6基の中の一基。

石室の構造、石材の加工法等から7世紀末の築造で、南下A号古墳より若干新しい時期のものと考えられ、古墳群中では最も新しい


載石切組積(きりいしきりくみづみ)

側壁は長方形に加工した石材を4、5段に、奥壁は3,4段に積み上げ、切り組(隣り合わせの石の形状に合わせて石を加工する技法)の手法を用いている

壁面は10度前後内傾する(転び)

玄室と羨道の境の玄門は加工石材を二段積みしている
 

作業用の朱線

玄室及び羨道の壁面に石材加工の際の作業線と推定される朱線が発見されているが、他に、南下A号古墳上庄司原4号古墳(富士見村)でしか確認されていない極めて珍しいものである


▲南下E号古墳石室実測図
 



▲石室前の開設版
吉岡町教育委員会による
 



 


▲西側から墳丘全景
墳頂が平らで背が低く見える

石室構造からみて、古墳南面には
前庭が存在する可能性が高い


▲南西向きに開口する石室

羨道部分は天井石を失い
側壁も上部を欠いている
土砂で埋没している
 

▲西側から

高い位置にある南下C号古墳から
方墳のような形にも見える

▲玄室の奥壁

二ツ岳噴出の角閃石安山岩を
使用した切り組積みの見事な石室


▲玄室の側壁

作業線と思われる朱色の線が
はっきりと見られる
 


▲天井石

硬質の安山岩自然石で
加工はしていないよう
 
↓Googleストリートビューで、石室内部が見られます↓

きちんと表示されない場合左上の「Googleマップで見る」で
別ウインドウを開いてみて下さい
 
別名 明治村41号古墳(上毛古墳綜覧〈1938〉) 所在地 群馬県北群馬郡吉岡町大字南下字大林1323-3
史跡指定 吉岡町指定史跡 「南下古墳群6基(A〜F号古墳)」
2010年(平成22年)3月24日
アクセス
駐車場

南下古墳公園内に整備されている
駐車場有
築造年代 7世紀末葉
形状 方墳(山寄せ形式) もしくは円墳(現地説明看板)
直径:17m×17m 「群馬県古墳総覧〈2017〉
径:東西約17m 南北約9m 高さ:2m(現状)
現地説明看板
埋葬施設 横穴式石室(両袖型)
玄室長:2.76m 奥壁幅:2.13m 奥壁高:1.71m
出土遺物 古い開口のため所在は不明
周辺施設 葺石や埴輪は確認されていない
発掘調査 (発掘)昭和54.1(分布)昭和52.5
文献 松本浩一・桜場一寿・右島和夫 「載石切組積横穴式石室における構築技術上の諸問題上」 『群馬県史研究』11 1980 群馬県史編さん委員会、『群馬県史 資料編3』 1981 群馬県
日本古墳大辞典 上毛古墳綜覧〈1938〉、群馬県古墳総覧〈2017〉
 

探検日(写真撮影日)  2003年07月13日
第二階探検日(写真撮影日)  2018年10月30日
データ作成日  2018年11月18日

最新データ更新日
  2018年11月25日

 

旧写真 2003年07月13日撮影


▲以前の南下古墳群のパンフ
【参考文献】
□「群馬県古墳総覧〈2017〉本文・一覧表編/古墳分布図編」群馬県教育委員会事務局文化財保護課
□「東国文化副読本 - 〜古代ぐんまを探検しよう〜」 群馬県文化振興課
□「古墳めぐりハンドブック」群馬県立博物館
□内堀遺跡群 仮称大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群II 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群X 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1998)
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
群馬の遺跡〈4〉古墳時代1―古墳
東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」119)
古代上毛野をめぐる人びと
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
古代東国の王者―上毛野氏の研究
PR

 



inserted by FC2 system