←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP熊本の古墳和水町(旧菊水町)の古墳 熊本県の探検古墳一覧

えたふなやまこふん
江田船山古墳
【ETA FUNAYAMA Keyhole-shaped Barrow】
探検日(写真撮影日) 平成17年08月26日
データ作成日 平成20年12月14日
最新データ更新日 平成20年12月14日
探検日誌・ブログ版

史跡指定 国指定史跡 昭和26年6月9日  追加指定 昭和51年6月26日 昭和60年1月16日
江田船山古墳 附 塚坊主古墳・虚空蔵塚古墳
所在地 熊本県玉名郡和水町(旧菊水町) 万世の都内 肥後古代の森/菊水地区アクセス Yahoo!地図
見学 9:00-17:00
清原古墳群中の一基。


【種類】

前方後円墳

【サイズ】

全長:61m
後円部径41m
前方部幅
40m
高さ:6m

後円部は三段
前方部は二段築成
くびれ部に造出し

【サイズ】

5世紀後半 

↓復元墳丘。

クリックで拡大

後円部上段中央くびれ部側にある入口。→


【古墳発見の経緯】

明治6年、ただの小山と思われていたこの古墳を、所有者の池田佐十氏 が夢枕に立った白狐のおつげに従って掘ったところ、未盗掘の石棺を発見をしたという……。
すぐ側の虚空蔵塚古墳塚坊主古墳は盗掘を受けていたのに、この古墳だけ奇跡的に無事だったのは何故だろうか。


↑ガラス越しに見学できるが、照明も暗いので細部を確認できない。

【横口付家形石棺】

長さ2.2m
1.1m
高さ1.5m

阿蘇熔結凝灰岩製

↑家形石棺の説明板
暗かったため、良く撮れていない。
四枚の板石と屋根形の蓋石で構成。

蓋の短辺と長辺には各2個の棒状の縄掛突起。

くびれ部側の短壁には幅55cm、高さ81cmの横口が刳り抜かれている。
【出土遺物】

国宝 1965(昭和40年)5月29日、92点一括指定 東京国立博物館所蔵

■銅鏡類■ 画像鏡、回向式神獣鏡、対置式神獣鏡、半肉彫獣帯鏡、環状乳神獣鏡、獣形鏡、各1

↑出土遺物の説明板
↓石棺内部の様子を撮ろうと思ったが、真っ黒……。
■玉類■ 勾玉5、管玉24、ガラス製小玉。

■冠類■ 金銅製冠帽、二山式金銅製冠、宝珠形立飾付細帯式金銅製冠、各1。

■装身具類■ 金銅製髪飾2、金銅製沓1、金製垂飾付耳飾2、金環1の各対。金銅製円形座金具1、銅製飾金具1、金銅製帯金具3。
■刀剣類■ 龍文素環頭大刀1、銀装素環頭大刀1、鉄剣6、鉄刀12、槍3、鉄地銀張り鞘口金具1、銀製柄縁金具1、鉄地銀装柄口金具1、銀製鞘金具2、長方板鉄板1。

■甲冑類■ 横矧板鋲留衝角付冑1、板綴3、横矧板鋲留短甲1、横矧板革綴短甲1、打延革綴式頚甲1、肩甲1。

■馬具類■ 金銅製f字鏡板付轡1、環状鏡板付轡1、輪鐙1、辻金具1、三環鈴1。

■その他■ 鉄鎌3、須恵器抔身3、蓋年3、壷1、提瓶1


↑説明板にあった銀象嵌銘文大刀の写真。

 

【銀象嵌銘文大刀】

多彩な副葬品の
中でももっとも有名なのが、75文字の銘文が刻まれた太刀である。
確認されている中で日本最古の漢字とされている。
稲荷山古墳【埼玉県行田市】で「ワカタケル大王(雄略天皇)」の文字が刻まれた鉄剣が発見されたことで、この太刀に刻まれた大王の名も「ワカタケル大王」であると考えられるようになった。
当時、ワカタケル大王の支配権が九州から東国まで及んでいたことを示す重要な資料である。


【周辺施設】
楯形の周濠。
墳丘に円筒埴輪。

昭和50年に実施された台地一帯の確認調査の結果、幅約20の周濠が墳丘をめぐっていることが判明し、51年にこの部分も史跡範囲に追加指定されている。

←やたらと広い周濠。左の端に見えているのが古墳の本体。

 


古墳の森TOP熊本の古墳和水町(旧菊水町)の古墳 熊本県の探検古墳一覧

 

東アジアと江田船山古墳

著者:玉名歴史研究会 /白石太一郎
出版社:雄山閣
サイズ:単行本/206p
発行年月:2002年06月
税込 2,835 円

金銅製装身具や銘文をもつ大刀を出土したことで有名な熊本県江田船山古墳をめぐるシンポジウムの記録。5世紀後半〜6世紀前半の日本を東アジア的視点からとらえる。

【目次】
第1部 船山古墳の主は誰か(土蜘蛛津頬のクニ/船山古墳の墓主は誰か/船山古墳被葬者像研究略史/菊池川流域における首長墓の変遷―阿蘇谷とのかかわり/熊本の古墳からみた船山古墳)/第2部 磐井の乱をめぐって(磐井の乱とその後の肥筑/菊池川流域の装飾古墳/磐井の「乱」及びそれ以降について)
終末期古墳と横口式石槨

出版社:吉川弘文館
発売日:2007/01/01
サイズ/ページ:22cm/

律令体制移行期の古墳は、どのようなものだったのか。横穴式石室と横口式石槨を比較し、横口式石槨の変遷と出現背景、被葬者を検討。さらに仏教文化と古墳終焉の関連を考察し、終末期古墳から古代国家の成立過程を追う。

目次:
第1章 横口式石槨とは何か(七世紀の古墳文化
横口式石槨研究の歴史―付載・大阪の終末期古墳文献目録)
第2章 横穴式石室と横口式石槨(聖徳太子墓の検討
河内二子塚古墳とその類例 ほか)
第3章 横口式石槨の変遷(横口式石槨考
横口式石槨の編年 ほか)
第4章 横口式石槨の成立(横口式石槨の出現と被葬者
終末期古墳と仏教文化)
付章 近つ飛鳥地域の古墳(近つ飛鳥の終末期古墳を歩く
羽曳野の終末期古墳 ほか)
江田船山古墳出土 国宝銀象嵌銘大刀

著者:東京国立博物館
出版社:吉川弘文館
サイズ:単行本/81p
発行年月:1993年08月
価格:税込4,281 円
九州古墳時代の研究

著者:宇野愼敏
出版社:学生社
サイズ:単行本/342p
発行年月:2003年10月
税込 9,240 円

古墳の発生から終末期まで九州古墳時代の全貌に迫る。

【目次】
第1章 発生期・前期古墳時代の研究(石棺から石室へ―北部九州における古墳発生の推移と画期/豊前北部・筑豊地域の墳墓について―古墳発生期前後の社会像 ほか)/第2章 中期古墳時代の研究(北九州市内出土の古式須恵器/五〜六世紀の豊前北部と筑豊 ほか)/第3章 後期古墳時代の研究(北九州市・曽根平野の古墳(前方後円墳を中心に/後期小古墳群の動向とその背景)/曽根平野における古墳時代後期の土師器について(甕小考/ムラの交流) ほか)/第4章 古墳時代終末期の研究(北部九州の終末期古墳/勝円式土器小考―周防灘式製塩土器について)
九州考古学散歩

著者:小田富士雄
出版社:学生社
サイズ:単行本/324p
発行年月:2000年06月
税込 2,310 円

倭人伝の舞台!九州の遺跡・古墳を歩く。邪馬台国は九州にあったか?倭人伝の国々の遺跡から隼人の装飾古墳まで対馬・壱岐・九州各地の遺跡・古墳をめぐる詳しいガイドブック。

【目次】
「奴国」を求めて/太宰府周辺をまわる/「伊都国」を歩く/ムナカタ族の本拠地を訪ねて/遠賀川流域の遺跡をめぐる/朝倉宮の謎を求めて/耳納山麓と筑後川中流の遺跡をさぐる/磐井の里を歩く/「豊の国」の遺跡をめぐる/宇佐神宮から「風土記の丘」へ〔ほか〕
  inserted by FC2 system