←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP熊本の古墳山鹿市の古墳 熊本県の探検古墳一覧

ちぶさんこふん
チブサン古墳
【Chibusan Mounded Tomb】
探検日(写真撮影日) 平成17年08月26日
データ作成日 平成18年09月18日
最新データ更新日 平成18年09月18日
探検日誌・ブログ版

史跡指定 国指定史跡 大正11年10月12日 / オブサン古墳追加指定・名称変更 平成11年1月28日
所在地 熊本県山鹿市城字西福寺1785 肥後古代の森/山鹿地区アクセス Yahoo!地図
見学 1日2回 午前10時と午後14時の2回、係の方が説明してくれる。
博物館の休日はお休み。山鹿市立博物館に申し込む。 見学料100円。

↑墳丘上は芝生で整えられていて、実に優美な姿。
【種類】
前方後円墳

【サイズ】
墳長:55m以上
後円部径:23m
高さ:7m

【築造年代】
6世紀初め

【周辺施設】
周濠・葺石・埴輪あり

主軸を東西に向けている。
【調査暦】

1972年〜1975年
市教育委員会による発掘調査と保存施設建設。
・1992年〜1993年
県教育委員会による範囲確認調査と周辺整備。
 
↑石室への入り口の厳重な鉄の扉。
基壇上に作られた石室より低い位置にあるので、入ってから階段で上る。

↑古墳石室実測図
【複室構造の横穴式石室】

肥後型:方形の平面形で側壁がドーム状に積み上げられた石室・熊本中心に作られた

南に開口

石室全長は約6m
前室:約1.9m四方、高さ1.8m
後室:約3.6m四方、高さ3.8m
側壁:凝灰岩の割石でドーム状積み
天井:大きな一枚岩

後室の奥壁沿いに石屋形と呼ばれる家型石棺。


↑古墳前の説明コーナーに展示してあるレプリカ。
たまたま一緒に見学した若者は被葬者の気持ちを理解しようと寝そべっていたが 、気持ちは理解できなかったようだ。

クリックで拡大画像→


ちなみに、県立装飾古墳館にもレプリカが展示されている。

【石屋形の装飾】

屋根や壁の内側全体に、赤・白・黒の三色で、様々な文様が描かれている。

・正面と左壁:三角や菱形の連続文様

・右壁:「7個の白い丸」や「王冠をかぶり、手足を広げた人物」など。

←何故か正面の左から2枚目はない。盗掘跡かもという説明もあったが、前面が開いていて、しかも、周囲に破片もないので破壊されたのではなく、持ち去られたか、あるいは何らかの事情で初めから存在しなかったのか?石室の内部はガラス越しの見学だったが、狭い中にガイドの方を含めて4人も入ったせいか、ガラスが曇ってしまい、良く見えなかった。

壁画を劣化させないために湿度や温度の管理が大変なようだ。

←左の白い丸が女性の乳房に似ていることから「乳の神様」として今も信仰されている。「ちぶささん」→「ちぶさん」と転じたようだ。
それに関連して、隣の
オブサン古墳は「お産の神様」として信仰されている。(うぶさん=産さん)

←乳房というより、下の黒い▼と合わせて、顔に見えるが……。
江戸時代には既に石室が開口していたらしく、副葬品などは残されていなかった。


←墳丘に建てられていた円筒埴輪と武装したやっこだこ形石人 のレプリカ。

石人は、墳丘くびれ部に立てられていたが、現在は東京国立博物館に収蔵されている。



古墳の森TOP熊本の古墳山鹿市の古墳

熊本県の探検古墳一覧

 

東アジアの装飾古墳を語る

出版社:雄山閣
発売日:2004/02/01
サイズ/ページ:26cm/
定価:2,310 円(税込)

キトラ・高松塚古墳の壁画の世界(高松塚古墳の壁画
高句麗の古墳壁画との関連 ほか)
北部九州の装飾古墳とその展開(装飾古墳のはじまり
形象図文の登場 ほか)
高句麗古墳壁画と古代日本(高句麗壁画古墳の類型化
高句麗壁画に写る日本の古代 ほか)
古代東国の壁画古墳とその問題点(東国壁画古墳の分布
虎塚古墳の壁画 ほか)
パネルディスカッション「古墳壁画の出現とその展開」(壁画古墳の系譜
四神について ほか)

東アジアと江田船山古墳

著者:玉名歴史研究会 /白石太一郎
出版社:雄山閣
サイズ:単行本/206p
発行年月:2002年06月
税込 2,835 円

金銅製装身具や銘文をもつ大刀を出土したことで有名な熊本県江田船山古墳をめぐるシンポジウムの記録。5世紀後半〜6世紀前半の日本を東アジア的視点からとらえる。

【目次】
第1部 船山古墳の主は誰か(土蜘蛛津頬のクニ/船山古墳の墓主は誰か/船山古墳被葬者像研究略史/菊池川流域における首長墓の変遷―阿蘇谷とのかかわり/熊本の古墳からみた船山古墳)/第2部 磐井の乱をめぐって(磐井の乱とその後の肥筑/菊池川流域の装飾古墳/磐井の「乱」及びそれ以降について)
九州古墳時代の研究

著者:宇野愼敏
出版社:学生社
サイズ:単行本/342p
発行年月:2003年10月
税込 9,240 円

古墳の発生から終末期まで九州古墳時代の全貌に迫る。

【目次】
第1章 発生期・前期古墳時代の研究(石棺から石室へ―北部九州における古墳発生の推移と画期/豊前北部・筑豊地域の墳墓について―古墳発生期前後の社会像 ほか)/第2章 中期古墳時代の研究(北九州市内出土の古式須恵器/五〜六世紀の豊前北部と筑豊 ほか)/第3章 後期古墳時代の研究(北九州市・曽根平野の古墳(前方後円墳を中心に/後期小古墳群の動向とその背景)/曽根平野における古墳時代後期の土師器について(甕小考/ムラの交流) ほか)/第4章 古墳時代終末期の研究(北部九州の終末期古墳/勝円式土器小考―周防灘式製塩土器について)
九州考古学散歩

著者:小田富士雄
出版社:学生社
サイズ:単行本/324p
発行年月:2000年06月
税込 2,310 円

倭人伝の舞台!九州の遺跡・古墳を歩く。邪馬台国は九州にあったか?倭人伝の国々の遺跡から隼人の装飾古墳まで対馬・壱岐・九州各地の遺跡・古墳をめぐる詳しいガイドブック。

【目次】
「奴国」を求めて/太宰府周辺をまわる/「伊都国」を歩く/ムナカタ族の本拠地を訪ねて/遠賀川流域の遺跡をめぐる/朝倉宮の謎を求めて/耳納山麓と筑後川中流の遺跡をさぐる/磐井の里を歩く/「豊の国」の遺跡をめぐる/宇佐神宮から「風土記の丘」へ〔ほか〕
 

 

 

inserted by FC2 system