←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP熊本の古墳山鹿市の古墳 熊本県の探検古墳一覧

おぶさん
オブサン古墳
【Ohibusan Mounded Tomb】
探検日(写真撮影日) 平成17年08月26日
データ作成日 平成18年09月18日
最新データ更新日 平成18年09月18日
探検日誌・ブログ版

史跡指定 国指定史跡 大正11年10月12日 オブサン古墳追加指定・名称変更 平成11年1月28日
所在地 熊本県山鹿市城字西福寺1786 肥後古代の森/山鹿地区アクセス Yahoo!地図
見学 自由

【種類】
円墳

【サイズ】
直径:22m
高さ:5m(築造当時)


【築造年代】
6世紀後半

1999年、隣接する国指定史跡・チブサン古墳の史跡指定範囲に追加される形で、「チブサン・オブサン古墳」の名称で国史跡に指定された。
 


↑説明板。
クリックで拡大。

【墳丘と周溝の実測図】



円丘から突出する張出し部をもつ特異な構造で南向きに開口している。

江戸時代以来、隣接するチブサン古墳の壁画図像からくる「乳房信仰」とともに、オブサン(うぶさん=産さん)古墳は「お産」の神様として信仰の対象となってきた。

西南戦争時に塹壕として使われたために石室内部や壁画の状態は悪いという。


【周辺施設】
U字型の周濠
葺石や埴輪は認められない

 


↑この前庭部では、儀式が行われていたらしい。
石室入り口には西南戦争(1887年)の戦闘でついた弾丸のあとが残されている。
【埋葬施設】

チブサン古墳に後続する首長墓で、6世紀後半に築造され、7世紀前半まで追葬がなされている。

【複室構造の横穴式石室】

石室全長:8.5m(奥壁から羨門まで)
────:16.5m(前庭部含む)

前室:長さ2.1m、幅:2.7m
後室:長さ・幅2.8m
羨道:長さ2.6m、幅2.0m
前庭部:長さ8m、幅4.5m
突堤:長さ5.5m


【石室平面図】
【前庭部】

墳丘内側だけでおさめるのでなく、円形の墳丘から2つの矩形の突出部を張り出させることにより、間口4.5mで羨門まで奥行8mにもなる。
【石屋形と装飾】

奥室には石屋形があったが、あとかたもなく破壊されていた。


↑文様の説明板

奥室屍床を画する仕切り石に赤彩の連続三角文。
奥壁にもかろうじて赤彩の小型の靭もしくは盾。
現在は痕跡程度になり肉眼では判読できない。
奥室には装飾豊かな壁画が描かれていた可能性が高い。
 

←文様を象ったような格子があって、奥室には入れない。

説明コーナーに出土品レプリカなどとともに展示されている 閉塞石。→

黒い部分は割れてしまっていたのを修復したものらしい。
 

【閉塞石】

古墳を閉じるために使った蓋だが、石室入り口と同様、西南戦争(1887年)の戦闘でついた弾丸の跡が残っている。


【調査暦】
1984〜85年、県教育委員会による発掘調査。
 

↑説明コーナーの出土品レプリカ展示。
【出土遺物】

■古代(古墳築造時)
装身具(小玉、金環)、馬具、武具、須恵器等
■中世初頭(追葬時)】焼物類、銅銭、鉄釘、埋葬人骨等
その他多数。

古墳の森TOP熊本の古墳山鹿市の古墳

熊本県の探検古墳一覧

 

東アジアの装飾古墳を語る

出版社:雄山閣
発売日:2004/02/01
サイズ/ページ:26cm/
定価:2,310 円(税込)

キトラ・高松塚古墳の壁画の世界(高松塚古墳の壁画
高句麗の古墳壁画との関連 ほか)
北部九州の装飾古墳とその展開(装飾古墳のはじまり
形象図文の登場 ほか)
高句麗古墳壁画と古代日本(高句麗壁画古墳の類型化
高句麗壁画に写る日本の古代 ほか)
古代東国の壁画古墳とその問題点(東国壁画古墳の分布
虎塚古墳の壁画 ほか)
パネルディスカッション「古墳壁画の出現とその展開」(壁画古墳の系譜
四神について ほか)

東アジアと江田船山古墳

著者:玉名歴史研究会 /白石太一郎
出版社:雄山閣
サイズ:単行本/206p
発行年月:2002年06月
税込 2,835 円

金銅製装身具や銘文をもつ大刀を出土したことで有名な熊本県江田船山古墳をめぐるシンポジウムの記録。5世紀後半〜6世紀前半の日本を東アジア的視点からとらえる。

【目次】
第1部 船山古墳の主は誰か(土蜘蛛津頬のクニ/船山古墳の墓主は誰か/船山古墳被葬者像研究略史/菊池川流域における首長墓の変遷―阿蘇谷とのかかわり/熊本の古墳からみた船山古墳)/第2部 磐井の乱をめぐって(磐井の乱とその後の肥筑/菊池川流域の装飾古墳/磐井の「乱」及びそれ以降について)
九州古墳時代の研究

著者:宇野愼敏
出版社:学生社
サイズ:単行本/342p
発行年月:2003年10月
税込 9,240 円

古墳の発生から終末期まで九州古墳時代の全貌に迫る。

【目次】
第1章 発生期・前期古墳時代の研究(石棺から石室へ―北部九州における古墳発生の推移と画期/豊前北部・筑豊地域の墳墓について―古墳発生期前後の社会像 ほか)/第2章 中期古墳時代の研究(北九州市内出土の古式須恵器/五〜六世紀の豊前北部と筑豊 ほか)/第3章 後期古墳時代の研究(北九州市・曽根平野の古墳(前方後円墳を中心に/後期小古墳群の動向とその背景)/曽根平野における古墳時代後期の土師器について(甕小考/ムラの交流) ほか)/第4章 古墳時代終末期の研究(北部九州の終末期古墳/勝円式土器小考―周防灘式製塩土器について)
九州考古学散歩

著者:小田富士雄
出版社:学生社
サイズ:単行本/324p
発行年月:2000年06月
税込 2,310 円

倭人伝の舞台!九州の遺跡・古墳を歩く。邪馬台国は九州にあったか?倭人伝の国々の遺跡から隼人の装飾古墳まで対馬・壱岐・九州各地の遺跡・古墳をめぐる詳しいガイドブック。

【目次】
「奴国」を求めて/太宰府周辺をまわる/「伊都国」を歩く/ムナカタ族の本拠地を訪ねて/遠賀川流域の遺跡をめぐる/朝倉宮の謎を求めて/耳納山麓と筑後川中流の遺跡をさぐる/磐井の里を歩く/「豊の国」の遺跡をめぐる/宇佐神宮から「風土記の丘」へ〔ほか〕

 

 

inserted by FC2 system