古墳の森TOP埼玉県の古墳ふじみ野市の古墳ふじみ野・狭山市の古墳地図

埼玉県の探検古墳一覧


         ごんげんやまこふんぐん7ごうふん  / しせきのもり
埼玉県指定史跡
権現山古墳群 7号墳 / 史跡の森

※写真は全てクリックで拡大します※


権現山古墳群中の一基

荒川下流の数少ない初期古墳群で、3世紀後半に造られたものと思われる。

徳川家康が鷹狩りに来た時に休憩したという伝承がある権現山(前方後方墳・市指定)と11基の方墳、計12基から成る。

埼玉県内でも、墳丘が残された前方後方墳は少なく、築造当時の姿をよく留めていることから、保存状態の良い6基が出土の土器7点と共に平成14年に埼玉県史跡に指定された 。

権現山古墳群中では主墳2号墳に次ぐ規模であり、唯一、主体部の調査 が行われているが、主体部の詳細は不明。


古墳群発見の経緯

『入間郡誌(1912年)』に「権現山」の記述があり、1917年(大正6年)以前には古墳群の存在が知られていた

1959年(昭和34年)の入間地区古墳分布調査で「福岡古墳群」の中に1号墳2号墳の存在が確認された

1982年(昭和57年)、「権現山遺跡」の発掘調査で、10基以上からなる周溝墓群が確認された
 

古墳のみならず住居跡も

この7号墳の墳丘の下には、それ以前の竪穴式住居跡も確認されており、初め高台に住んでいた人々が低い位置に住居を移し、高台に墳墓を造るようになったことが判明している。
 



▲北側から

公園中央にあり、道路等に削平
されることもなく、残存状態は
比較的、良好のようだ。



▲権現山古墳群遺構配置図

2号墳同様、わざと底に穴を開けた
底部穿孔土器」(県指定)が出土
しており、埴輪に発展する前の
段階のものとされている


▲現地解説板
ふじみ野市教育委員会による


 

▲南側に7号墳のプレート


2号墳前の解説板

所在地 埼玉県ふじみ野市滝1-5-1〜4 ほか(35.8809, 139.5275)(旧上福岡市)
所有・管理者:ふじみ野市
アクセス
駐車場

駐車場なし
ふじみ野・狭山市の古墳地図
史跡指定 埼玉県指定史跡 『権現山古墳群 付
 二号墳出土 土師器四箇 七号墳出土 土師器三箇』
2002年(平成14年)3月22日指定
(追加指定)2009年(平成21年)3月17日
築造年代 3世紀後半
形状 方墳
埋葬施設 主体部検出
出土遺物 【周溝】底部穿孔土器(土師器の壺3点)
(県指定文化財に包括)
(上福岡歴史民俗資料館所蔵)
調査暦 1983年(昭和58年) 「権現山遺跡第2次調査)7号墳の範囲、プラン及び主体部を検出
権現山古墳群の調査の経過」(ふじみ野市HP)
文献 さいたま古墳めぐり―古代ロマンの70基 (さきたま双書)
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

探検日(写真撮影日) 2019年01月14日
データ作成日 2019年02月02日
最新データ更新日 2019年02月02日



【PR】 

 

inserted by FC2 system