古墳の森TOP埼玉県の古墳深谷市(旧川本町)の古墳


           かしま73ごうふん / かしまこふんぐん
埼玉県指定史跡
鹿島73号墳 / 鹿島古墳群

※写真は全てクリックで拡大します※※


鹿島古墳群中の一基

荒川右岸の河岸段丘上、2kmにもわたる、7世紀代に築造された124基(昭和46年時点)の群集墳。
埼玉県古墳詳細分布調査報告書には95基の記載がある。

東西800mにわたって分布する56基の古墳が埼玉県指定史跡の範囲に含まれ、鹿島古墳公園として整備されている。

古墳群はこれまでに30基ほど調査されているが、方墳の73号墳76号墳も?)を除いて全て円墳で、石室は河原石積みの胴張り型の横穴式石室で統一されている。

古墳時代後期の方墳は珍しいこともあり、それまで、方形に見えるものは耕作などに変形した円墳と推定されていたが、2004年(平成16年)の調査で、 この73号墳が古墳群初の方墳と確認された。

他の古墳も方墳の可能性が考えられるようになり、すぐ西に隣接する76号墳も方形を呈しており、辺の向きも73号墳と同様であることから、レーダー調査が行われ、方墳である可能性が確認されている。



▲2009年5月 南から

墳丘は削られてしまっており
看板がなければ、古墳とは
分からないほどで、2019年
訪問時には見落とした



▲横穴式石室跡

南西向きに開口するが、
土嚢などで埋め戻されている
 

▲古墳前の解説板

2004年(平成16年)の調査時の
写真と横穴式石室の実測図
 
3基並んだ方墳?

同じ鹿島210-1の地番に西から
73号墳76号墳77号墳
一直線に密集して並んでいる

73号墳は方墳で、76号墳
レーダー調査で方墳の可能性
を指摘されており、77号墳
見た感じでは方墳に見える

この3基は同時期、同じプランの
元に造られた、関係性の強い
方墳グループではないだろうか
 



▲古墳公園内の解説板


▲古墳公園内の解説板
 


▲古墳公園内の解説板
所在地 埼玉県深谷市本田字鹿島210-1
(旧大里郡川本町鹿島)
アクセス
駐車場
 
別名  
史跡指定 埼玉県指定史跡 
 1972年(昭和47年)3月21日指定
築造年代 7世紀初頭〜8世紀初頭
形状 方墳 一辺:9m
埋葬施設 横穴式石室
出土遺物 ガラス玉、鉄鏃、小刀、人骨
周辺施設  
調査暦 1970年(昭和45年) 圃場整備事業に伴う発掘調査(27基)
2004年(平成16年) 73号墳の発掘調査
2005年(平成17年) 76号墳の地下レーダー探査
文献 鹿島古墳群発掘調査概報 (1971年)
□鹿島76号古墳地下レーダー探査(2005年)
□埼玉県史
□埼玉県古墳詳細分布調査報告書
さいたま古墳めぐり古代ロマンの70基(さきたま双書)
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

第一回探検日 2003年10月26日
第二回探検日(写真撮影日) 2009年02月05日
第三回探検日(写真撮影日) 2019年01月23日
最新データ更新日 2019年07月20日

PR
inserted by FC2 system