古墳の森TOP埼玉県の古墳熊谷市(旧江南町)の古墳


              のはらこふんぐん
埼玉県選定重要遺跡
野原古墳群
熊谷市指定有形文化財 考古資料 「古墳副葬品」(伝 野原古墳群出土品)
 

※写真は全てクリックで拡大します※※


野原古墳群

八幡神社裏から、西方にかけての小高い丘の上に分布する古墳群。

昭和初期には30数基存在したが、開墾や採土により破壊され、現存するのは20数基と言われる。

埼玉県古墳詳細分布調査報告書には31号までの古墳が記載されている。

予定外に急遽立ち寄ったため、資料がなく、確定的ではないが、八幡神社付近に古墳らしきものを数基確認できた。
(右の写真)
 

主墳は野原古墳?

1930年、畑の開墾中に、野原古墳(野原13号墳)から、「踊る埴輪」(東京国立博物館所蔵 「埴輪 踊る人々」)が発見されたことで 、全国的にも有名である。

この野原古墳は古墳群で唯一の前方後円墳であり、その他は全て円墳とされており、野原古墳が中心的存在だったと思われる。

八幡神社の西側、道路沿いに所在し、1962年、採土工事に伴い、発掘調査されたが、その後墳丘は桑畑となり、現在は跡形もない。

野原古墳では二つの主体部が確認されており、前方部、後円部それぞれに横穴式石室が検出されている。


踊っていない「踊る埴輪」

ちなみに、東京国立博物館には「埴輪 踊る人々」として登録されており、「踊る男女像」などとも言われる埴輪は、実は踊っているのではなく、馬とセットで出土しており、馬の手綱をひいている様子だと言われている。
 


 ▲県道47号線沿いの
「踊る埴輪の銅像」

ここが出土地ではない



▲八幡神社
 


▲八幡神社脇の解説板

▲八幡神社東側の古墳?

古墳群分布図からすると、
3号墳が最も近い
 

▲八幡神社裏の古墳?

古墳分布図からすると、
4号〜6号墳付近
 

▲八幡神社裏の古墳? 南西側

古墳分布図からすると、
4号〜6号墳付近
 

▲左の写真の南東側

写真の右(東)側に陥没跡

▲上の写真の陥没跡
 

▲陥没跡に散乱する石材

笹に覆われて、見えにくいが
横穴式石室跡と思われる

写真左の石(緑泥片岩?)は
玄門あたりに縦に置かれた
柱ではないだろうか

この奥、玄室と思われる
場所にも数個の石がある
 

▲八幡神社の南西側の石碑群

古墳分布図の10号墳付近
転がる石は石室材か?
 
所在地 埼玉県熊谷市野原 (旧大里郡江南町) アクセス
駐車場

 
別名  
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡 「野原古墳群」
 1976年
熊谷市指定有形文化財 考古資料 「古墳副葬品」
 1957年(昭和32年)10月18日指定
築造年代 6世紀後半〜7世紀前半
形状 前方後円墳1基、他円墳群
埋葬施設 横穴式石室他
出土遺物  
周辺施設  
調査暦 1962年 埼玉県教育委員会による野原古墳調査
1964年 立正大学による円墳8基調査
文献 埼玉県古墳詳細分布調査報告書
さいたま古墳めぐり古代ロマンの70基(さきたま双書)
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

探検日(写真撮影日) 2019年01月23日
最新データ更新日 2019年07月19日

PR

 



inserted by FC2 system