古墳の森TOP埼玉県の古墳さいたま市(旧大宮)の古墳さいたま市の古墳地図

埼玉県の探検古墳一覧


えーひゃくななじゅうにごういせき はすぬまのおおつか
A-172号遺跡 蓮沼の大塚 (消滅)

※写真は全てクリックで拡大します※


詳細は不明だが、伝承は残る

「大宮をあるく 1 東部編」によると以下のような伝承があるようだ

【1】昔、東の岩槻城で何事か起きた時、この上でノロシをあげたので、ノロシ塚と呼ばれる

【2】刀剣を納めたので刀剣塚と呼ばれる

いずれも真実は不明だが、一般的には大塚山と呼ばれている


また、「さいたま市の塚調査報告」では、富士塚以外の塚として記載されている
 

古墳の可能性は高い

この地域の古墳の情報は極めて薄いが、すぐ南側には縄文、古墳時代の集落跡もあり、古墳がない方が不自然に思える

さいたま市の遺跡地図では「塚」となっているが、この塚の周辺からは縄文時代中期〜古墳〜平安時代の土器片も
発見されており、やはり古墳の可能性は濃いと思われる



▲(2008年撮影)
駐車場になっている東側から

住宅などで裾など削られている
部分はあるが、割としっかりとした
墳丘が残存しているのは
かなり貴重に思える

左記【1】のようにノロシ塚として
使用していたなら、古墳に盛土をし、
高さを保持していたのかもしれない



▲(2008年撮影)
 

宅地造成による消滅

2019年3月11日現在、2008年に、写真撮影した墳丘は確認できず

さいたま市遺跡地図と照合すると遺跡所在の場所には現在、住宅が建っている

念のため、過去(1990年以前)と現在の空中写真を比較したが、やはり、過去、古墳があったと思われる森の場所には現在、住宅が存在している

現在は、古墳の南側に広がっていた雑木林のみ残存しているようである

さいたま市遺跡地図によるとA-172号遺跡は発掘調査されたようなので、住宅建設前、削平されるに先立って調査されたのかもしれない
 

追記

2014年、住宅建設により消滅

事前の発掘調査で、骨や銭が出土し、近世の塚であると判明

しかし、近世で遺骸を葬るために、これほどの大きな塚を築いたのか

以前から存在した塚を利用した可能性はないだろうか

いずれにしても、死者を葬った墓所であったことには間違いなく、宅地化されてしまったのは残念
 

所在地 埼玉県さいたま市(旧大宮市)見沼区蓮沼770 アクセス
駐車場

さいたま市の古墳地図
別名 大塚山、ノロシ塚、刀剣塚
さいたま市埋蔵文化財包蔵地 遺跡番号12-172
史跡指定  
築造年代 近世
形状 塚 高さ:4m 長さ:18.5m
【さいたま市の塚調査報告】
 ・東西:21.5m 南北:20.5m 高さ3.3m
埋葬施設 不明
出土遺物 骨、銭貨10枚、土器片
調査暦 2014年(平成26年) 住宅建設による事前発掘調査
文献 さいたま市文化財調査報告書 第二集
  「さいたま市の塚調査報告」 平成14年

「大宮をあるく 1〜東部編」大宮市教育委員会編集
埼玉県古墳詳細分布調査報告書
さいたま古墳めぐり古代ロマンの70基(さきたま双書)
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

第一回探検日(写真撮影日) 2004年07月17日
第二回探検日(写真撮影日) 2008年11月20日
最新データ更新日 2019年04月28日

PR

 



inserted by FC2 system