古墳の森TOP埼玉県の古墳さいたま市(旧大宮)の古墳さいたま市の古墳地図

埼玉県の探検古墳一覧


             いかりこふんあと / そばがいとこふんぐん
埼玉県選定
重要遺跡 井刈古墳跡 / 側ヶ谷戸古墳群

※写真は全てクリックで拡大します※


側ヶ谷戸古墳群の一基

側ヶ谷戸古墳群は、鴨川沿いの肥沃な農作地帯に北から植水古墳群、側ヶ谷戸古墳群大久保古墳群(白鍬古墳群)など長く繋がる古墳群の一支群で『さいたま市大宮区三橋4丁目』に所在する古墳の総称である。

側ヶ谷戸古墳群中では唯一の前方後円墳であり、主墳だったと考えられている が、早い時期に消滅しており、さいたま市の史跡の指定範囲外となっている。

『埼玉縣史(1951)』に字井刈に前方後円墳があったという記述があり、その古墳がこの井刈古墳と推測されいてる。

1959年(昭和34年)、耕地整理の際わずかに残っていた耕地を削平したところ、人物埴輪と
馬形埴輪が発見された。

鴻巣市の生出塚埴輪窯産とされ、6世紀第3四半期と比定されている



▲現在は跡形もない



▲東側の茶臼塚古墳前にある
散歩コースの案内板

▲井刈古墳出土埴輪実測図
 
所在地 埼玉県さいたま市大宮区三橋4丁目(旧大宮市)
(字井刈)
アクセス
駐車場

茶臼塚古墳西側の水田の中
さいたま市の古墳地図
史跡指定 さいたま市指定史跡 『側ヶ谷戸古墳群
 1957年(昭和32年)3月6日指定 (指定外)

埼玉県選定重要遺跡 『側ヶ谷戸古墳群
  1969年(昭44年)10月1日指定
別名 さいたま市埋蔵文化財包蔵地 遺跡番号1​2​-​3​0​6
井​刈​古​墳​(​B​‐​6​6​k​)
築造年代 6世紀第3四半期
形状 前方後円墳
埋葬施設 不明
出土遺物 埴輪人物2・馬2。
調査暦

 

文献 埼玉県古墳詳細分布調査報告書
さいたま古墳めぐり古代ロマンの70基(さきたま双書)
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

探検日(写真撮影日) 2003年01月19日
第二回探検日(写真撮影日) 2019年01月19日
最新データ更新日 2019年02月05日

PR

 



inserted by FC2 system