古墳の森TOP埼玉県の古墳久喜市(旧菖蒲町)の古墳久喜市(旧菖蒲町)の古墳地図

埼玉県の探検古墳一覧


             かやまにごうこふん / かやまこふんぐん(かやまななつか)
埼玉県選定重要遺跡
栢間2号古墳(No.15古墳)/ 栢間古墳群(栢間七塚)


※写真は全てクリックで拡大します※


栢間古墳群中の一基

埼玉県の重要遺跡に選定された
9基の古墳が存在しており、
栢間七塚」とも呼ばれている
栢間古墳群を構成する一基

この栢間2号古墳(No.15古墳)
天王山塚古墳のすぐに南、
打出塚のすぐ北側にあったと
されるが、現在は耕作により
消滅しているようである


古墳の名称について

「埼玉県古墳詳細分布調査報告書」
によると、栢間古墳群
10基記載があり、そのうち、
この古墳は「No.15古墳」と
記載されていたものである

久喜市HPによると、現在、
栢間古墳群は江戸時代の
塚と判明した大日塚
除外し、9基となっている

栢間古墳群の遺跡番号は
「No.14」となっており、郡中の9基の
古墳それぞれに1〜9までの枝番を
振っているので、この古墳は
No.14-2古墳」とされている

天王山塚古墳の現地解説板で
No.二古墳」とされているのが
この古墳であると思われる

No.15」「No.14-2」「No.二」と
紛らわしいので、栢間古墳群
2番ということで、便宜上
「栢間2号古墳」とする

さらに、以前からの呼び名で
様々な書物にも載っている
No.15」も( )つきで併記する


古墳名の呼び方の違いは
下記の「別名」の項目を参照



▲西側道路から



▲古墳推定地のすぐ南側

打出塚古墳の西隣の畑の
ど真ん中に打出塚古墳
墳頂にあるのと同じような祠が
あるのが唐突に感じられる

以前、そこに何かが存在
していた可能性を感じさせる

埼玉の古墳 」では
打出塚古墳に隣接する畑地」と
あるので、この場所が古墳の
正確な位置の可能性もある

久喜市の遺跡地図のポイントとの
差は約20mほどであり、
点で考えれば20mは大きな差だが
墳丘で考えれば隣にくっつくほど、
あるいは、大きな古墳、
前方後円墳であれば、一つの古墳
の範囲内であったとも考えられる


また、古墳群は現在、9基と
されているにもかかわらず、
かつてはNo.19とされた古墳も
あったことから、既に消滅して、
その存在が有耶無耶になった
古墳があることも推定され、
この位置にも全く別の小墳が
存在していた可能性も考えられる

▲南側から


▲菖蒲町栢間字本村出土

天王山塚古墳の近くから工事中に
発見されたという人物埴輪(女子象)

No.15古墳からは水道工事中に
巫女埴輪が出土したとあるので
この埴輪のことかもしれない


天王山塚古墳後円部墳頂の解説板
(平成26年2月16日)


天王山塚古墳前方部南西角の
入口の解説板(昭和58年3月)
所在地 埼玉県久喜市菖蒲町上栢間3276他
(旧南埼玉郡菖蒲町上栢間字本村3276、3278-1)
個人所有?
アクセス
駐車場

久喜市(旧菖蒲町)の古墳地図
別名 ・No.15古墳(埼玉県古墳詳細分布調査報告書)
・菖蒲14-02古墳(久喜市遺跡地図)
・No.14-2古墳(久喜市HP 埋蔵文化財包蔵地一覧)
・No.二古墳(天王山塚古墳現地解説板)
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 1976年(昭和51年)10月1日指定
築造年代

古墳時代(後)

形状 円墳 径:不明
埋葬施設  
出土遺物 巫女埴輪
調査暦  
文献 埼玉県古墳詳細分布調査報告書
さいたま古墳めぐり古代ロマンの70基(さきたま双書)
埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

探検日(写真撮影日) 2019年02月18日
最新データ更新日 2019年02月22日

PR

 



inserted by FC2 system