古墳の森TOP埼玉県の古墳さいたま市(旧与野)の古墳さいたま市の古墳地図

埼玉県の探検古墳一覧


はちおうじ ふじづか(こふん)/せんげんじんじゃ

八王子 富士塚(古墳)/浅間神社


※写真は全てクリックで拡大します※


富士塚として転用?

江戸時代後期の富士浅間信仰の
影響により、墳頂に「浅間神社」が
建立され、富士塚として信仰された
らしいが、元々は古墳であり、
転用された可能性もある

なお、「埼玉県古墳詳細分布調査
報告書」では古墳として記載されて
いるが、さいたま市の遺跡地図では
時期不明の経塚となっている
名称「浅間塚」

また、「さいたま市の塚調査報告」
では、「八王子・富士塚」という
名称で記載されている


この地域の名前の由来となった
「八王子神社」が南東部に
食い込むように接する

この八王子神社の創建は
中世と考えられるが、
社殿の一部が墳丘に乗る
ような形になっているので、
墳丘が神社より先に存在
していたものと思われる


古墳の呼称について

古墳名は単に「富士塚」であるが、
与野公園内の「富士塚」と
混同しないように、便宜上
こちらを「八王子 富士塚(古墳)」、
与野公園内のものを
与野公園 富士塚」とする



▲浅間神社の御由緒

「塚」として大きさが書かれている
 


▲「八王子神社」社殿の背後にの背後に
立派な墳丘が見える
その墳丘上に「浅間神社」


▲かなりの高さの墳丘さの墳丘

解説板にある由緒にあるサイズより
現状の方が大きいので、
盛土した可能性もある
 

▲階段脇
「山王大権現 鎮座」

▲階段脇
「富士小御嶽大神」
 

▲墳頂には「浅間神社」が
鎮座している
 

▲台座は八角形に固められている

▲墳頂から
西南部に八王子神社の
社殿が食い込む
 

▲南西から
西南部に八王子神社の
社殿が食い込む
 



▲北側から
周囲は一周できるようになっている
 



▲手前にある八王子神社社殿
 


▲八王子神社の御由緒
浅間神社より遥かに古い
 
所在地 埼玉県さいたま市中央区八王子1-7-1
(八王子517、518)
アクセス
駐車場

八王子神社の社殿の裏
さいたま市の古墳地図
別名 さいたま市埋蔵文化財包蔵地 遺跡番号0​3​-​102
「浅​間​塚」
【さいたま市の塚調査報告】 「八王子・富士塚」
史跡指定  
築造年代

 

種類
形状
【埼玉県古墳詳細分布調査報告書】
 ・円墳 径:22m
【浅間神社由緒】
 ・塚 径:12m 高さ:5m
【さいたま市の塚調査報告】
 ・富士塚 東西:25.0m :南北:24.0m 高さ5.0m
埋葬施設  
出土遺物  
調査暦

 

文献 さいたま市文化財調査報告書 第二集
  「さいたま市の塚調査報告」 平成14年

埼玉県古墳詳細分布調査報告書
さいたま古墳めぐり古代ロマンの70基(さきたま双書)
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

探検日(写真撮影日) 2019年01月19日
最新データ更新日 2019年04月28日

PR

 



inserted by FC2 system