古墳の森TOP栃木県の古墳下野市(旧国分寺町)の古墳しもつけの古墳地図

栃木県の探検古墳一覧


しもつけししていしせき おとかづかこふん
下野市指定史跡 オトカ塚古墳
 

※写真は全てクリックで拡大します※


群集墳中の一基

飯塚古墳群と小谷を挟んだ対岸
700mほどの場所、天平の丘公園の
中に所在し、下野市の史跡に
指定されている

古墳群の情報は乏しく、一見、
単独で存在しているように見えるが
前方後円墳1基と数基の円墳から
なる群集墳中の一基である

下図を見ると、天平の丘公園内、
オトカ塚古墳の北側に
5基の円墳の印が見えるので、
確認されているのは6基ほどか


▲周辺の古墳分布図


ナンバー2の墓所?

古墳群中、唯一の前方後円墳で
あり、主墳であるようだが、
石室の構造等から、首長墓と
いうよりは、首長に次ぐ身分の
人物の墓と考えられるとのこと

飯塚古墳群が首長である
摩利支天塚古墳琵琶塚古墳
従者の墓域であるように、
このオトカ塚古墳の群も
周囲いづれかの大型古墳の
被葬者である首長を支えた
人達の墓所であったのか



▲前方部側にある解説板
 



▲北側から

左が前方部、右が後方部
前方部が低く、小さい

古墳と言われなければ
気づかないほど低くなだらかな丘
 

▲東側から

オトカ塚とは稲荷(トウカ)が
祀られている古墳に多い名前

以前は稲荷社があったのかも
知れないが、今は何もない
 

▲河原石小口積みにより構築された
両袖型の横穴式石室
発掘時の様子

以前は開口していたようだが、
現在は埋め戻されている
 

▲オトカ塚古墳測量図

石室は下野型らしく前方部に
存在し、南に向き、前方部
前端へと墓道が続いている 

▲古墳跡?

オトカ塚古墳の南、
紫式部の墓』の脇にある
盛り上がりが古墳跡らしく見える

左上の分布図によると、
オトカ塚古墳の北側に
古墳が確認されているようだが、
公園内にはまだ未確認の古墳が
あるのではないか

詳細は紫式部の墓
 

▲天平の丘公園案内図

中央付近にある国見山は
前方後円墳状に造られたもので
本物の古墳ではない
所在地 栃木県下野市紫587、624
(旧下都賀郡国分寺町国分上野原)
アクセス
駐車場

天平の丘公園内。東側の駐車場が一番近い
史跡指定 下野市指定史跡
2006(平成18年)6月1日指定
築造年代 6世紀後半
形状 帆立貝形前方後円墳
墳丘長:約32m 全長(周溝含む):約58m
周溝幅:約6m
埋葬施設 両袖型横穴式石室
長さ:5.5m 最大幅:1.2m 残存高:1.4m
墓道長:約7m
出土遺物 【墓道より】土器
周辺施設 埴輪列、葺石なし
調査暦 1988年(平成元年) 発掘調査
1994年(平成6年) 測量調査
2005年(平成17年) 発掘調査
文献    

探検日(写真撮影日) 2019年01月08日
最新データ更新日 2019年04月25日

【参考文献】
探訪 とちぎの古墳
下野の古墳 (1977年) (しもつけ文庫〈4〉)
海老塚古墳 (1981年) (足利市埋蔵文化財報告〈第2集〉)
明神山古墳群 (1985年) (足利市埋蔵文化財報告〈第12集〉)
PR

 



inserted by FC2 system