古墳の森TOP栃木県の古墳壬生町の古墳しもつけの古墳地図

栃木県の探検古墳一覧


          うしづかこふん / くるまごづかこふんぐん
国指定史跡 牛塚古墳 / 車塚古墳群
 

※写真は全てクリックで拡大します※


車塚古墳群の一基

東隣に並ぶ車塚古墳と共に国の史跡に指定されている

車塚古墳と共に車塚古墳群の中心的存在と思われる

北側には、先行して作られた小古墳群が存在していた。

また、南40mに、愛宕塚古墳群が近接するが、近年、両古墳群の間に川原石で造られた古墳が存在していたことが確認され、黒川東岸の台地上に築かれた同一の古墳群と考えられる

愛宕塚古墳の後、車塚古墳に先行して造られたものと思われる


車塚古墳群全体図

帆立貝型でも、桑57号墳のように円墳中心で、小さな基壇をつけたタイプのものではなく、前方後円墳の前方部が未発達で短いタイプのもの 。

また、埋葬施設は未調査ながら、墳丘第一段目には幅広い平坦面(基壇)を持つなど、この地方の特有の下野型古墳の特徴を持つしもつけ古墳群を形成する一基とされる


しもつけ古墳群とは〜

栃木南部(下野市、栃木市、
小山市、上三川町、壬生町)で
6〜7世紀の間に作られた
この地域に共通する特徴
(下記の下野型古墳の3要素)を
持つ大型古墳・有力首長墓
(6〜7系譜の古墳群)の総称

下野型古墳の3要素とは〜

(1)墳丘の第1段目に幅広の
「基壇」を持つこと

(2)前方部に石室を持ち、
後円部には内部主体を設けない

(2)凝灰岩切石を用いた
横穴式石室
 

古墳の名称について

横から見ると、牛が寝ているようにみえるからという説がある 。
とすれば、隣の車塚古墳は上から見て車輪のようだからか?
 



▲左(南)側が前方部
右(北)側が後円部

墳形は前方部が短くて
前端が広がらない形状


 


▲後円部

調査の結果、周溝は中央付近が
さらに深く掘り下げられる
二段掘りになる特異な形状と
判明したが、隣の車塚古墳とは
違い、周溝はほとんど埋もれて
しまっており確認できない
 

▲中央、くびれ部付近から
後円部

後円部を見ても、前方部を見ても
なだらかな斜面になっていて
前方後円墳という感じがしない
 

▲中央、くびれ部付近から
前方部

下野型古墳であるので、
前方部の正面に横穴式
石室が推定されているが
それらしきものは見当たらない
 

▲くびれ部付近を東側から

後円部から前方部端まで
なだらかな傾斜になっており
境目がはっきりしない
 

▲現地解説板
壬生町教育委員会による


 


▲牛塚古実測図
 

▲第一回訪問時(2005年)の
現地解説板
 
所在地 栃木県下都賀郡壬生町壬生甲3068
所有者:壬生町
アクセス
駐車場
 
史跡指定 国指定史跡
1926年(大正15年)2月24日指定
別名 車塚2号墳
築造年代 6世紀末〜7世紀初頭
形状 帆立貝型前方後円墳
全長(周溝含む):70m
墳丘長:49.5m 後円部直径:38m
埋葬施設 未調査
出土遺物  
周辺施設 【埴輪】なし
【葺石】なし
調査暦 2009年度(平成21年)
2014年(平成26年)度 発掘調査
 

第一回探検日(写真撮影日) 2005年07月23日
第二回探検日(写真撮影日) 2019年04月05日
最新データ更新日 2019年05月01日

文献 「車塚古墳群」壬生町教育委員会 2013年
【参考文献】
探訪 とちぎの古墳
下野の古墳 (1977年) (しもつけ文庫〈4〉)
海老塚古墳 (1981年) (足利市埋蔵文化財報告〈第2集〉)
明神山古墳群 (1985年) (足利市埋蔵文化財報告〈第12集〉)
PR

 



inserted by FC2 system