古墳の森TOP栃木県の古墳小山市の古墳しもつけの古墳地図

栃木県の探検古墳一覧


           びしゃもんやまこふん / さむかわこふんぐん
栃木県指定史跡 毘沙門山古墳 / 寒川古墳群
 

※写真は全てクリックで拡大します※


寒川古墳群中の一基

寒川古墳群中、唯一残存しており、県の指定史跡となっている。

帆立貝式の前方後円墳だったが、前方部と後円部の一部は耕作により削られ、現状は円墳に見える。

周溝の測量調査は行われ、墳丘規模は推定されているが、内部の発掘調査は行われておらず、埋葬施設等は不明。
 

寒川古墳群

小山市南西部、巴波(うずま)川と与良(よら)川の間に広がる中里・鏡地区の1km四方の範囲に群在した古墳群

この地は、下野国の9郡のうちの一つである寒川郡を治めた首長の墓群と考えられている

(なお、寒川郡衛の推定地とされる千駄塚浅間遺跡は思川を挟んだ対岸に所在する)

前方後円墳5基、円墳7基の計12基の古墳が確認されたが現在、毘沙門山以外の古墳は消滅してしまっている
(平成8年の千駄塚浅間遺跡によると前田古墳も現存とあるが詳細は不明)

5世紀中葉、小山市最古と思われる53mにも及ぶ大型円墳の鶴巻山古墳に始まり、茶臼塚古墳、毘沙門山古墳、三味線塚古墳、観音山古墳と7世紀まで造営が続いた

寒川古墳群一覧
名称 墳形
鶴巻山古墳 円墳
鶴巻山北古墳 円墳
鶴巻山東古墳 円墳
寒川古墳 円墳
三味線塚古墳(横塚) 前方後円墳
町田稲荷塚古墳 円墳
茶臼塚古墳 前方後円墳
茶臼塚西古墳 円墳
毘沙門山古墳 前方後円墳
毘沙門山東古墳 円墳
観音山古墳 前方後円墳
田辺遺跡古墳(藤塚) 前方後円墳

田辺遺跡(藤塚)古墳跡は、グーグルマップで上空から見ると前方後円墳らしき形が確認できる。
 



▲東側から

右に比べ、左の角度がなだらか
 


▲西側から

こちらから見ると、円墳に見える

▲北側道路より

碑と解説板がある

▲南東部
この左側(南東)に向かって
前方部が続いていた?
 

▲後円部、東側から
墳頂に続く階段が設けられている
 

▲後円部墳頂には石祠
毘沙門天が祀られているのか?

▲「寒川古墳群蹟」の解説板
農地、水、環境保全活動
中里毘沙門の郷
「郷土の歴史、伝統・文化の伝承」
 

▲現地解説板
小山市教育委員会による
 
所在地地 栃木県小山市大字中里
所有者:個人
アクセス
駐車場
 
史跡指定 栃木県指定史跡
昭和32年8月27日指定 (現地解説板)
昭和32年6月30日指定 (とちぎの文化財HP)
築造年代 5世紀後半 (現地解説板)
6世紀  (とちぎの文化財HP)
形状 前方後円墳(帆立貝式)
推定全長:41.2m 後円部径:34m 高さ:5.18m
周堀幅:12m
埋葬施設 未調査
出土遺物 【周堀より】
壺型、甕型、高坏型の土師器、円筒埴輪縁
調査暦 1977年(昭和52年)栃木県教育委員による
圃場整備に先行する調査
 

探検日(写真撮影日) 2019年04月05日
最新データ更新日 2019年04月07日

【参考文献】
探訪 とちぎの古墳
下野の古墳 (1977年) (しもつけ文庫〈4〉)
海老塚古墳 (1981年) (足利市埋蔵文化財報告〈第2集〉)
明神山古墳群 (1985年) (足利市埋蔵文化財報告〈第12集〉)
PR

 



inserted by FC2 system