古墳の森TOP栃木県の古墳小山市の古墳しもつけの古墳地図

栃木県の探検古墳一覧


      びわづかこふん
国指定史跡 琵琶塚古墳
 

※写真は全てクリックで拡大します※


栃木県内では2番目の規模

壬生町の吾妻古墳に続く2番目の規模の巨大前方後円墳

摩利支天塚古墳と隣接し、2基の100m超の古墳が並んでいる

すぐ西には、両古墳の従者の古墳群と考えられている飯塚古墳群の形成されている


二代目の首長墓

下毛野国の中心地が思川筋に移動してきた時の初代の首長墓が隣接する摩利支天塚古墳であり、それに続く、二代目の首長墓と考えられている

ここから、下毛野国が始まり、この後、壮大なしもつけ古墳群が形成されていくことなる

しもつけ古墳群の前段階の古墳であり、下野型古墳の特徴である基壇を有し、古墳群の初源的古墳とされる

この地域の人々が独自性を出した最初の一基とも言える
 


しもつけ古墳群とは〜

栃木南部(下野市、栃木市、
小山市、上三川町、壬生町)で
6〜7世紀の間に作られた
この地域に共通する特徴
(下記の下野型古墳の3要素)を
持つ大型古墳・有力首長墓
(6〜7系譜の古墳群)の総称

下野型古墳の3要素とは〜

(1)墳丘の第1段目に幅広の
「基壇」を持つこと

(2)前方部に石室を持ち、
後円部には内部主体を設けない

(2)凝灰岩切石を用いた
横穴式石室
 



▲南(資料館駐車場)側から

前方部より後円部が高い
 


▲南(摩利支天塚古墳)側から

左手前が前方部、右奥が後方部

▲前方部から後円部を望む
 

▲現地解説板
栃木県教育委員会による
 

▲琵琶塚古墳実測図

墳丘は前方部が2段、前方部が
3段に築造されている

 二重の周溝、一重の周堤を有し
墳丘の一段目には幅広い
平坦面(基壇)がめぐらされている

埴輪列も墳丘上に二重に巡り、
周堤にも埴輪列が設けられていた
(特に前方部側に形象埴輪)
 

▲2018年にオープンした『国史跡
摩利支天塚・琵琶塚古墳資料館』

琵琶塚古墳摩利支天塚古墳
他にも、両古墳の従者の古墳群と
考えられている飯塚古墳群
飯塚31号墳、42号墳、44号墳の
解説・展示スペースもある


▲周辺の遺跡地図
 
所在地 栃木県小山市大字飯塚655番地ほか
所有・管理者:小山市
アクセス
駐車場

摩利支天塚・琵琶塚古墳資料館に大駐車場あり 
史跡指定 国指定史跡
1926年(大正15年)2月24日指定
1981年(昭和56年)12月9日追加指定(57,788.94u)
築造年代 6世紀前半
形状 前方後円墳(前方部2段、後円部3段)
墳長:約124.8m 全長(周溝含む):約200.6m
前方部幅:約65m 前方部高:約10.2m
後円部直径:約76m 後円部高:約12.5m
くびれ幅:約40.4m くびれ高:約8.9m
埋葬施設 未調査
出土遺物 【埴輪】三重に巡る
調査暦 1978年〜1979年 第1次〜第2次調査
1990年 第3次調査、2013年〜2017年 第4次調査
 

第一回探検日(写真撮影日) 2005年07月23日
第二回探検日(写真撮影日) 2019年04月05日
最新データ更新日 2019年04月24日

文献 『琵琶塚古墳発掘調査報告書』1994年
【参考文献】
探訪 とちぎの古墳
下野の古墳 (1977年) (しもつけ文庫〈4〉)
海老塚古墳 (1981年) (足利市埋蔵文化財報告〈第2集〉)
明神山古墳群 (1985年) (足利市埋蔵文化財報告〈第12集〉)
PR

 



inserted by FC2 system