古墳の森TOP栃木県の古墳佐野市の古墳佐野市の古墳地図

栃木県の探検古墳一覧


ととこちやまこふん
トトコチ山古墳
 

※写真は全てクリックで拡大します※


3時期にわたる埋葬

第一次
出土遺物は鉄族のみ
玄室中央から前庭に続く
幅、深さ共に30cmの排水溝

第二次
玄室南側より
鉄族、轡、鉄刀、人骨(2人以上)

第三次
盗掘により攪乱が著しい
玄室中央、やや奥室より
銀象嵌円筒太刀


いずれの埋葬面にも
5cm〜20cm大の河原石が
敷き並べられていた



▲トトコチ山古墳測量図(1/200)


▲東側から


▲西側から
不動明王の石仏が鎮座している
墳丘が茶色に見えるのは
全て泥棒草
 

▲南側から

以前(2005年)はこの辺りに
石室の入口が見えていたはずだが
今は泥棒草に覆われており、
近づくことが出来ず
玄室床の排水溝を確認
したかったが断念
 

▲2005年訪問時の石室入口
殆ど埋もれていた
 
所在地地 栃木県佐野市石塚町荒居413 アクセス
駐車場

私有地内のようなので、見学は要注意 
史跡指定  
築造年代  
形状 円墳
東西径:約34.5m 南北径:約34m 高さ:約5m
埋葬施設 横穴式石室
全長:約7.8m 玄室長:約5.15m
奥壁幅:約1.8m 奥壁高:約2.6m
出土遺物 鉄族、轡、鉄刀、人骨、銀象嵌円筒太刀
鎺(はばき・銀象嵌)、円筒把頭、鞘尻(銀象嵌)
鍔(銀象嵌)、ホ具(かこ)
(佐野市郷土資料館所蔵)
周辺施設 葺石
5cm〜20cm大の河原石、0.8m〜1mの厚さで堆積
発掘調査 1972年〜1973年  

探検日(写真撮影日) 2005年04月24日
第二回探検日(写真撮影日) 2019年01月08日
データ作成日 2005年07月13日
最新データ更新日 2019年01月27日

文献  
【旧写真】 2005年04月24日撮影

▲2005年訪問時、入口から
手を突っ込んで撮影したが
中も埋もれているようだった
PR

 



inserted by FC2 system