←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP東京の古墳大田区の古墳 東京都の探検古墳一覧

せんげんじんじゃこふん / えばらだいこふんぐん
浅間神社古墳
/ 荏原台古墳群
【SENGEN-JINJA Shrine Mounded Tomb】
探検日(写真撮影日)  平成20年12月05日
データ作成日  平成20年12月08日
最新データ更新日  平成20年12月08日

所在地 東京都大田区田園調布1丁目-55 Mapion地図 ブログ版日誌
荏原台古墳群中の支群・田園調布古墳群中の一基。


【形状】
前方後円墳

【サイズ】
全長:約60m
後円径:約32m
前方部幅:約30m

【年代】
5世紀末〜6世紀初

【埋葬施設】
不明


↑多摩川台公園古墳展示室内の説明板
クリックで拡大。


 
【実測図】
「大田区古墳ガイドブック」付属の古墳散策マップより。

【調査】
 平成2年
前方部は東向き(社殿の前側)と考えられていたが、調査の結果、西向き(社殿の後ろ側)ということが分かった。

 

【出土遺物】
円筒埴輪、形象埴輪(人物、鹿、馬)等
(社殿改築の際に出土)

←『大田区古墳ガイドブック』より
出土の埴輪類。
男子形埴輪、鹿形埴輪、馬形埴輪
多摩川浅間神社所蔵
←後円部上の浅間神社。前方部はこの社殿の向こう側。

北条政子が、信仰する富士浅間神社に、夫である源頼朝の武運長久を祈り、この地に持仏の観音像をまつったのが、この神社の始まりと伝えられる。
 
←おまけ。
展望台から多摩川を望む。
見晴らしが良く、とても良い眺め。
風が気持ち良い!


ちなみに、東横線の切通しの位置にあった浅間神社北古墳は、廃土の可能性があり、古墳だったかどうか疑問視されているらしい。
真偽は不明なので大田区の古墳一覧からは削除せず。
【参考文献】
武蔵野の遺跡を歩く-都心編
『大田区古墳ガイドブック』大田区郷土資料館編集

古墳の森TOP東京の古墳大田区の古墳 東京都の探検古墳一覧


[PR]
田園調布古墳群 (1981年)
野毛大塚古墳周溝緊急調査報告 (1983年)
武蔵野の遺跡を歩く 郊外編

武蔵野の遺跡と自然環境の保護に携わる著者が、楽しく学べる日曜考古学散歩コースを、詳細な地図と豊富な写真で紹介。
武蔵野の遺跡を歩く―都心編

23区内にも遺跡が残されている!市民によって守られてきた遺跡、自然、そして博物館などを、訪ね歩く散歩コース12選。詳細な地図と豊富な写真で紹介。
関東古墳散歩

エリア別徹底ガイド

著者:相原精次 /三橋浩
出版社:彩流社

関東にもこんなに古墳があった!約80の地域300以上の古墳をエリア別にオールカラーでガイド。

【目次】
群馬県の古墳/栃木県の古墳/埼玉県の古墳/茨城県の古墳/東京都の古墳/千葉県の古墳/神奈川県の古墳/山梨県の古墳

東京の古墳を考える

品川区立品川歴史館 (編集)

雄山閣

東京にもこんなに古墳があった!街の中に残る古墳を再発掘する!東日本からみた出現期の古墳、埴輪が出土した柴又を含む東京低地の古墳、特色ある横穴墓の分布、「武蔵国造の反乱」をめぐる古墳の動向など、パネルディスカッションと講演・報告を通して熱く論じる。
   

 

 

 

inserted by FC2 system