←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP東京の古墳大田区の古墳 東京都の探検古墳一覧

たまがわだいこふんぐん
多摩川台古墳群&展示室
【Mound Group of TAMAGAWADAI】
探検日(写真撮影日)  平成20年12月05日
データ作成日  平成20年12月08日
最新データ更新日  平成20年12月08日

史跡指定 東京都指定史跡  平成12年3月6日指定 ブログ版日誌
所在地 東京都大田区田園調布1-63、田園調布4-3、多摩川台公園 Mapion地図
■多摩川台公園内の古墳

古墳群の南側には国指定史跡亀甲山古墳、北側には東京都指定史跡宝莱山古墳の二基の大型前方後円墳が古墳時代前期(四世紀)に築造されている。

多摩川台古墳群

 荏原台古墳群中の一支群。

 荏原台古墳群を二分して考えた場合、他の田園調布付近の古墳と合わせて、田園調布古墳群と呼ばれる。

 8基の古墳から成る古墳群だが、2号墳1号墳(前方後円墳)の一部として使われているため、1基の前方後円墳と、6基の円墳の7基であるかのように見える。

 古墳群は、最初に2号墳が六世紀前半に築造され、2号墳を前方部として利用し、1号墳を後円部とする一基の前方後円墳が6世紀後半に築造された。
 その後、3号墳から8号墳までの円墳が七世紀中頃まで継続して築造された。

 全て横穴式石室を持つ。
 発掘調査された古墳の横穴式石室内からは、副葬された直刀や鉄鏃等の武具類、耳飾りや管玉等の装身具類、馬具の轡、須恵器や土師器が出土し、墳丘部からは円筒埴輪が発見された。

↓古墳群前の説明看板。

↑クリックで拡大↓

↑多摩川台公園古墳展示室でもらったポストカード。詳細と上空からの写真。

1号・2号墳
2号墳
3号墳
7号墳
新8号墳(旧9号墳)
6号墳
旧8号墳


7号墳旧9号墳の間にあり、以前は古墳とされていたが、調査の結果、ただの盛り土と判明したため、取り消された。旧9号墳が現在 、新8号墳となっている。

 
■多摩川台公園古墳展示室 
【所在地】 
大田区田園調布1-63-1

【入室料】  
無料

【開館時間】
午前9時〜午後4時30分(入室〜午後4時)

【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開室)
年末年始(12月28日から1月4日)

↑展示室内部
東国(関東地方)で六世紀に造られた横穴式石室の実物大のレプリカ。中には資料があるが、石室っぽくはない。

↑展示室内部
被葬者らしいけど、あまり雰囲気が出ていない。張りぼてで良いから、石棺っぽくしてもらえると、雰囲気があって良いけど……。
【参考文献】
武蔵野の遺跡を歩く-都心編
『大田区古墳ガイドブック』大田区郷土資料館編集

古墳の森TOP東京の古墳大田区の古墳 東京都の探検古墳一覧


[PR]
田園調布古墳群 (1981年)
野毛大塚古墳周溝緊急調査報告 (1983年)
武蔵野の遺跡を歩く 郊外編

武蔵野の遺跡と自然環境の保護に携わる著者が、楽しく学べる日曜考古学散歩コースを、詳細な地図と豊富な写真で紹介。
武蔵野の遺跡を歩く―都心編

23区内にも遺跡が残されている!市民によって守られてきた遺跡、自然、そして博物館などを、訪ね歩く散歩コース12選。詳細な地図と豊富な写真で紹介。
関東古墳散歩

エリア別徹底ガイド

著者:相原精次 /三橋浩
出版社:彩流社

関東にもこんなに古墳があった!約80の地域300以上の古墳をエリア別にオールカラーでガイド。

【目次】
群馬県の古墳/栃木県の古墳/埼玉県の古墳/茨城県の古墳/東京都の古墳/千葉県の古墳/神奈川県の古墳/山梨県の古墳

東京の古墳を考える

品川区立品川歴史館 (編集)

雄山閣

東京にもこんなに古墳があった!街の中に残る古墳を再発掘する!東日本からみた出現期の古墳、埴輪が出土した柴又を含む東京低地の古墳、特色ある横穴墓の分布、「武蔵国造の反乱」をめぐる古墳の動向など、パネルディスカッションと講演・報告を通して熱く論じる。
   

 

 

 

inserted by FC2 system