←左側にメニューが表示されていない場合はこちら

古墳の森TOP埼玉の古墳行田市の古墳 埼玉県の探検古墳一覧

はちまんやまこふん(かんとうのいしぶたい)
八幡山古墳(関東の石舞台)
【HACHIMANYAMA Mounded Tomb】
探検日(写真撮影日)  平成12年04月22日
探検日(写真撮影日)  平成18年07月15日
データ作成日  平成15年05月17日
最新データ更新日  平成17年08月30日

史跡指定県指定史跡 1944年3月31日
所在地埼玉県行田市藤原町1-27-2アクセス行田市古墳地図Yahoo!地図
見学 石室内部は土日に公開。平日は施錠されている。

若小玉古墳群中の一基。

【築造年代】
7世紀後半

【種類】

円墳

【サイズ】
径:約74m



←近くの沼を埋めたてる為に盛り土は削り取られ、石室のみ復元整備された。 奈良の石舞台古墳に対して、「関東の石舞台」と呼ばれている。

 

←近くで見ると圧巻!一見の価値あり!!


工業団地内に小さな古墳公園として整備されている。

工場らしき建物の間をゆくと突如現れる。
 

【埋葬施設】
前室・中室・奥室の3部分から成る横穴式石室。
複室構造。

緑泥片岩・角閃石安山岩などを用いている。

【サイズ】
全長:16.7m 
奥室の高さ:3.1m

入り口から。

前室・中室があるので、奥室(玄室)までは遠い!


普段は鉄格子に鍵がかかっているが、おそらく休日などには公開してくれる。ぜひ中に入ってじっくり干渉したい。

奥室の壁→
 ぴったりと隙間のない、複雑な石組みが見事!



 

 

遠景。 
咲いている花は桜。

有名な「さきたま風土記の丘」のすぐ側にあり、風土記の丘よりもかなりインパクトがあると思うが、訪れる人は少なく、静かで良いところ。 古墳ファンなら必ず訪れるべし。

公園になっているので、探検隊はここでお弁当を食した。

【出土遺物】
銅鋺・銅鋺・鉄鏃・直刀・金銅製太刀把頭・鞘尻金具須恵器、銀製弓弭、八花形同環座、夾紵棺(きょうちょかん)の破片など

夾紵棺(きょうちょかん)とは……?
漆塗りの布を張り合わせて作った棺で、天皇や極めて身分の高い貴族にのみ使われたもの。 ということはこの被葬者は天皇に次ぐような高貴な身分のお方?
この事から「物部連兄麻呂の墓」ではないかという説がある。

物部連兄麻呂
聖徳太子の舎人として活躍し、633年、武蔵国造に任じられた人物。 7世紀中頃までの人で、この古墳の築造年代とも合致している。


古墳の森TOP埼玉の古墳行田市の古墳 埼玉県の探検古墳一覧

[PR]
愛宕山古墳 (1985年) (埼玉古墳群発掘調査報告書〈第3集〉)
鉄砲山古墳 (1985年) (埼玉古墳群発掘調査報告書〈第2集〉)
稲荷山古墳―史跡埼玉古墳群保存修理事業報告書 (1985年)
埼玉稲荷山古墳辛亥銘鉄剣修理報告書 (1982年)
埼玉稲荷山古墳 (1980年)
埼玉稲荷山古墳 (1981年)
『武蔵埼玉稲荷山古墳出土品』国宝指定記念講演会の記録 (1984年)
稲荷山古墳―鉄剣が秘めた古代の謎 (1979年)
稲荷山古墳の鉄剣を見直す
さきたま古墳群―国宝金錯銘鉄剣と古代東国
辛亥銘鉄剣と埼玉の古墳群 (1979年)
古代東国史の研究―稲荷山古墳出現とその前後 (1980年)

 

さいたま古墳めぐり―古代ロマンの70基

古代ロマンの70基

著者:宮川進
出版社:さきたま出版会/ さきたま双書
サイズ:全集・双書/175p
発行年月:1997年09月
価格:税込1,575 円

古墳を訪ねてみませんか/金錯銘鉄剣…謎も超一流―さきたま古墳群/関東の石舞台―八幡山古墳/県内唯一、線核画のある―地蔵塚古墳/将軍山古墳と肩を並べる―小見真観寺古墳/シェイクスピア劇を思わせる―真名板高山古墳/東武線のこんなすぐそばに―毘沙門山古墳/利根川を挟んで毛野をにらむ―永明寺古墳/加須低地のへそ―鶴ケ塚古墳/赤城山と日光男体山を背景に―樋遣川古墳群〔ほか〕

鉄剣銘一一五文字の謎に迫る・埼玉古墳群

シリーズ「遺跡を学ぶ」

著者:高橋一夫
出版社:新泉社
サイズ:単行本/93p
発行年月:2005年06月
価格:税込1,575 円

世紀の大発見といわれた埼玉県・稲荷山古墳出土の金錯銘鉄剣。銘文に記された「ワカタケル大王」とは、鉄剣の主「ヲワケ」とは、そして被葬者はだれなのか。銘文の内容を埼玉古墳群全体の考古学的検討から明らかにし、古墳を築造した武蔵国造一族の盛衰に迫る。

【目次】
第1章 鉄剣銘文の発見(サビの中に金色に輝く文字が/銘文一一五文字の解読)/第2章 稲荷山古墳を掘る(墳頂部に未盗掘礫槨を発見/鏡や武具・馬具など多彩な副葬品 ほか)/第3章 埼玉古墳群の出現と変遷(埼玉古墳群の成立基盤/辛亥銘鉄剣の真相 ほか)/第4章 埼玉古墳群造営一族の三重構造(二系統あった武蔵国造一族/畿内大王墓の墳形を採用 ほか)/第5章 埼玉古墳群の終焉(周辺に大型古墳が出現/武蔵国造一族の解体)

 

 

 

 

inserted by FC2 system