古墳の森TOP群馬県の古墳高崎市の古墳高崎市の古墳地図        群馬県の探検古墳一覧


やまないなりづかこふん / やまなこふんぐん

山名稲荷塚古墳 / 山名名古墳群
 

※写真は全てクリックで拡大します※


山名古墳群中の一基 (指定外)

山名古墳群は高崎市街地の南南東約6.5kmに位置する伊勢塚及び原口を中心に分布している古墳時代後期から終末期の群集墳。

烏川両岸(現在の佐野・山名地区一帯)に築いたヤマト王権の直轄地「佐野三家(屯倉・さののみやけ)」の創設に関わり、山名地域を発展させた集団の墓所と見られている。

現在、史跡の指定地域には18基の古墳が保存されているが、この古墳は指定区域から200mほど西に外れて存在する。

山名古墳群では、伊勢塚古墳が、唯一の前方後円墳とされているが、この古墳も伊勢塚古墳と並ぶ前方後円墳だったとの伝えがある 。


『上毛古墳綜覧〈1938〉』では円墳とされており、墳丘は大きく削られ、原型を留めてはいないが、規模が360尺(=約110m)とあり円墳としては巨大すぎるので前方後円墳と考える方が自然 かもしれない。


 



▲北東から
 

石室から舟形石棺?

明治末か大正期の大雨のあと、古墳の脇から赤い水が流れ出していたので近くを掘ったら石室が出現したという 。

その石室に丹(に)が多量にあり、その丹が雨に溶けて流れ出していた 。

(丹は赤い顔料。腐食止めか)

石室からは宝物が多く出たが、一晩のうちに無くなったという。

その時、出土した石棺は暫く稲荷社の脇に置いてあったというが、現在は所在不明である。

この古墳が伝えられている通り、前方後円墳だったとしたら、伊勢塚古墳に先行する古い時代の首長墓である可能性が高い 。


丹が大雨で溶け出して、赤い水が流れ出したとか、舟形石棺や宝物の出土などの伝えも信憑性が高いように思える。


▲南西から
 

▲墳丘上に祀られているのは
『正一位稲荷大明神』
 
所在地 群馬県高崎市山名町1038
(多野郡八幡村大字山名字稲荷森1018其他)
アクセス
駐車場
 
八幡村59号古墳(稲荷塚) (上毛古墳綜覧〈1938〉)
史跡指定 高崎市指定史跡 『山名古墳群』 (本古墳は指定外)
 1992年(平成4年)3月2日指定
 1994年(平成6年)3月22日追加指定
築造年代 古墳時代中期・5世紀後半
形状 前方後円墳? 円墳(上毛古墳綜覧〈1938〉)
(360尺)
埋葬施設 舟形石棺?
出土遺物 頭椎太刀、金環
調査 1917年(大正6年)
文献 上毛古墳綜覧〈1938〉
群馬県古墳総覧〈2017〉
 

探検日(写真撮影日)  2018年10月08日
最新データ更新日  2018年12月31日

【参考文献】
□「群馬県古墳総覧〈2017〉本文・一覧表編/古墳分布図編」群馬県教育委員会事務局文化財保護課
□「東国文化副読本 - 〜古代ぐんまを探検しよう〜」 群馬県文化振興課
□「古墳めぐりハンドブック」群馬県立博物館
□内堀遺跡群 仮称大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群II 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群X 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1998)
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
群馬の遺跡〈4〉古墳時代1―古墳
東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」119)
古代上毛野をめぐる人びと
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
古代東国の王者―上毛野氏の研究
PR

 



inserted by FC2 system