古墳の森TOP埼玉県の古墳川島町の古墳川島町の古墳地図

埼玉県の探検古墳一覧


おおつかこふん / ひがしおおつかこふんぐん(ひがしおおつかさんつか)
大塚古墳 / 東大塚古墳群(東大塚三塚)
川島町指定有形文化財(考古資料)石棺
 

※写真は全てクリックで拡大します※


東大塚古墳群の一基

文化年間(1804〜1818)に墳丘上の神明社の修理の際に墳頂が削平され、箱式石棺と副葬品が出土したと伝えられる。

副葬品は領主・秋元但馬守に届出されたというが、その後の行方は伝わっておらず、現在は所在不明となっている。


その後も墳丘の南側や東側が削られ、北側は堤防で埋められ、堤防の斜面から、墳丘が僅かに突き出たようになっているだけでまず古墳とは分からない。

1991年(平成3年)に、東側の開発のために、緊急の測量・周溝確認調査が行われている。

 

組み合せ式箱式石棺

掘り出された後、墳丘上に放置されていたが、古墳の破壊も著しいので、1965年(昭和40年)
保存する目的で、川島中学校の駐車場敷地内に移設された。


▲石棺前の解説板
川島町教育委員会による



▲北東側の堤防から(2019年)

2004年訪問時(右の写真)には
見られた建物や標識、木々が
なくなっており、削られた
墳丘がむき出しの状態態
 


▲2004年訪問時の写真

左の写真とほぼ同じ位置から撮影

墳丘上には神明社ではなく、
物置のようなものが置かれていた
 

▲川島中学校の駐車場敷地内

模造した円墳上に保存されている
 

▲6枚の板を組み合わせた石棺

蓋石も含め、全ての石に溝が
入れて、組み合わせている
 

▲第一回訪問時2004年の写真
 

▲蓋石
所在地 【古墳】埼玉県比企郡川島町東大塚283-1裏
【移築石棺】埼玉県比企郡川島町白井沼230 川島中学校駐車場
アクセス
駐車場

川島町の古墳地図 
別名 東大塚古墳(大日本國史)
史跡指定 川島町有形文化財・考古資料 「石棺」
1961年(昭和36年)1月25日指定
築造年代 6世紀末
形状 円墳
径:36m 高さ:5..5m
埋葬施設 箱式石棺
内法 縦:1.95m 幅:0.56m 高さ:0.46〜0.53m
出土遺物 【石棺より】直刀、鉄鏃
【周溝より】円筒埴輪
調査暦 1991年(平成3年)
文献 埼玉県古墳詳細分布調査報告書
さいたま古墳めぐり古代ロマンの70基(さきたま双書)
埼玉の古墳 北足立・入間
埼玉県の歴史 (県史)
 

第一回探検日(写真撮影日) 2004年12月04日
第二回探検日(写真撮影日) 2019年07月10日
最新データ更新日 2019年07月12日

旧写真
(2004年)

▲墳丘上に埴輪片と石棺材と同じ緑泥片岩の破片(左) と 石造物(右) 2019年現在は見られない
PR

 



inserted by FC2 system