古墳の森TOP群馬県の古墳吾妻郡東吾妻町の古墳吾妻郡東吾妻町の古墳地図        群馬県の探検古墳一覧


           しどにごうこふん / しどのこふんぐん 
東吾妻町指定史跡 四戸II号古墳 / 四戸の古墳群
 

※写真は全てクリックで拡大します※


四戸の古墳群中の1基

吾妻川と温川の合流点の西側台地上、岩島四戸地区にある墳丘8〜14m規模の円墳で構成される群集墳 。

『上毛古墳綜覧』(1938 (昭和13)年)には20数基の記載があったがほとんどが消滅したらしく、現存する4基(I号IV号)が東吾妻町の史跡に一括指定された 。

東吾妻町では史跡指定された唯一の古墳群である。

このII号古墳は他の3基と比べると、墳丘の残存状態が一番良い。

古墳群4基の中では、一番後に造成された可能性がある 。

III号古墳の東側の道を南に下るとすぐの左の民家の敷地内にあるが案内等もなく、少し分かりにくい

通りかかった親切な地元の方が場所を案内して下さったので、無事、見学できたが、見学時には無闇に民家の敷地内に
入り込まないよう注意が必要


I号古墳前の解説板
 



▲南向きに開口する

天井石は奥の二枚を残して
失われている
 


▲奥壁

大き目の3石は完存している

▲奥壁から外

古墳群中、この古墳だけ両袖型

▲入口の左側に平たい巨石

崩落した天井石の一部か
 

▲残存している天井石の上に
小さな石祠が3宇
 

▲東側から
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町大字三島字四戸87(旧吾妻町) アクセス
駐車場

前の道は狭いので、車の場合は厳しい。
III号古墳脇に車を停めて、歩いて見学すると良い
史跡指定 東吾妻町指定史跡 『四戸の古墳群』
1976年(昭和51年)3月30日指定
別名 岩島村16号古墳(上毛古墳綜覧) 万福院古墳?
築造年代 7世紀前半
形状 円墳 直径:約10.6m
埋葬施設 横穴式石室(両袖型) 全長:約5.2m
玄室長:約2.3m、玄室幅:1.3m 玄室高:1.58m
出土遺物 -
発掘調査 1964年(昭和39年)7月26日〜年8月4日
群馬大学史学研究室
文献 『岩島村誌』 1971 岩島村誌編集委員会
『群馬県史 資料編3』 1981 群馬県
上毛古墳綜覧〈1938〉 群馬県古墳総覧〈2017〉
 

探検日(写真撮影日)  2018年10月30日
データ作成日  2018年11月07日
最新データ更新日  2018年11月12日

【参考文献】
□「群馬県古墳総覧〈2017〉本文・一覧表編/古墳分布図編」群馬県教育委員会事務局文化財保護課
□「東国文化副読本 - 〜古代ぐんまを探検しよう〜」 群馬県文化振興課
□「古墳めぐりハンドブック」群馬県立博物館
□内堀遺跡群 仮称大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財確認調査報告書 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群II 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概文化財発掘調査団(1989)
□内堀遺跡群X 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1998)
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
群馬の遺跡〈4〉古墳時代1―古墳
東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」119)
古代上毛野をめぐる人びと
東国大豪族の威勢・大室古墳群 群馬 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
古代東国の王者―上毛野氏の研究
PR

 



inserted by FC2 system